調べもの

書評

『『四季報』で勝つ就活 東洋経済編集長が教える!』

更新日:2015年05月15日

『『四季報』で勝つ就活 東洋経済編集長が教える!』田宮 寛之/著 『『四季報』で勝つ就活 東洋経済編集長が教える!』田宮 寛之/著

書名にある「四季報」という雑誌を、誰でも一度は目にしたことがあると思います。企業の設立年月をはじめ、総資産や資本金、従業員数や平均年齢のほか、売上高や営業利益、初任給や内定者数など様々な企業情報が記載されており、株式投資をする方、ビジネスで販路開拓や営業を担当する方などにとっては必須の雑誌です。また、就職活動をする学生にとっても、企業研究に欠かせない雑誌となっています。

この本は、東洋経済HRオンライン編集長である田宮氏が、「四季報」を使って企業研究をするための方法を紹介しており、「四季報」の見方・使い方がわかりやすく書かれています。「会社四季報」、「就職四季報 総合版」・「就職四季報 女子版」・「就職四季報 中堅・中小企業版」、「会社四季報 業界地図」などに分けて解説してあり、「四季報」のどこを注目して見るのか、それぞれのデータをどう読み解くのか、企業研究を深める77のポイントが紹介されています。また、★の数で各ポイントの重要度がわかるようにもなっています。

では実際に、就活にどう活用するのでしょうか。読み進めていくとコツが見えてきます。例えば、年収や設立年月と平均年齢、筆頭株主と社長、特色と連結事業など、各項目を組み合わせて比較することで企業の状況がより具体的に見え、また、同業他社と比較することで業界の様子もわかります。このように比較し、分析することで、自分に合った企業はどこか、働きやすい職場かどうか、将来性のある有望企業かどうかなど、就活に役立つ情報を得ることができます。

また、四季報記者の独自取材による業績予想記事や企業評価の手掛かりとなるコメントがあり、プラス情報だけでなく企業のHPからは得られないマイナス情報も書かれています。たった9行のコメントですが、このような客観的・中立的な分析はなかなか得られない情報で、企業を選ぶうえでとても参考になりそうです。

社会人の方にとっても、この本は大いに役立ちます。「四季報」を活用し、企業研究を深めてみてはいかかでしょうか。

『新入社員に贈る一冊』

更新日:2015年04月15日

『新入社員に贈る一冊』経団連出版/編 『新入社員に贈る一冊』経団連出版/編

4月です。
あなたの周りに、「新入社員」はいませんか。

この本は、著述業者や学者、評論家、文化人、芸術家、芸能人、経営者、組合リーダー、弁護士など多彩な50人が、新入社員に読んでもらいたい一冊を紹介したブックガイドです。
そこには本の情報だけでなく、各筆者の新入社員に伝えたい思いがそれぞれあふれており、ブックガイドであるとともに、ライフガイドでもあります。
たとえば平成26年国際アンデルセン賞作家賞を受賞した上橋菜穂子氏は『ともしびをかかげて』(ローズマリ・サトクリフ/著)という一冊を「社会が激動してしまったために、辛い目に合ったとしても、人はみな、なんとか生きて行かざるを得ないのです。」というメッセージとともに紹介しています。
また、評論家の呉智英氏は『城下の人』(石光真清/著)を「人生の節目に読んでおいたほうがいい本であり、読みやすく、面白く、上役が一目置き、扱いやすい本である」という理由で推薦しています。上役の目を意識する、これは社会人には必要なスキルで、とても実践的なアドバイスです。
新しい一歩を踏み出した新入社員が、道に迷ったり、立ち止まったりしたとき、きっと1冊の本が役にたちます。その本が、信頼のおける人生の先輩の温かいメッセージとともに贈られたものならなおのことではないでしょうか。
あなたの周りの新入社員に、この本と一緒に、あなたがおすすめする1冊を贈ってみませんか。それが彼らにとって、人生を変える運命の1冊との出会いになるかもしれません。

さて、広島市立中央図書館では、4月18日(土)から6月17日(水)まで企画展「応援します!広島のビジネス-広島市立図書館ビジネス支援サービス10周年」を開催します。そこでは、産業支援機関の担当者から、これからの創業者や経営者、次世代を担う若い世代を対象に「あなたに届けたい一冊」を紹介するコーナーを設けています。
あわせてこちらもぜひご覧ください。

『ひろしま本通物語-577mの「舞台」に息づく人間模様』

更新日:2015年03月17日

『ひろしま本通物語-577mの「舞台」に息づく人間模様』井川 樹/著 『ひろしま本通物語-577mの「舞台」に息づく人間模様』井川 樹/著

広島人は「街へ出かける」と言えば本通り界隈に出かけるということで、「本通り」はいつも多くの人が行き交い、賑わいをみせています。この本は副題に「577mの「舞台」に息づく人間模様」とあるように、本通り商店街の歴史と人間ドラマが、現在・過去・未来の視点で書かれています。被爆前、1957年(昭和32年)頃、2000年(平成12年)、そして2013年(平成25年)の本通りの地図が掲載されていて、商店街の変遷もひとめでわかります。

「本通り」には昔ながらの老舗商店がありますが、そもそも「本通り」のルーツは、瀬戸内海沿いを通る交通の要路として江戸時代に整備された西国街道(旧山陽道)で、本通りは広島の城下町を通るルートと重なっています。本通りで最も古い店舗は、1615年に創業した商店街のほぼ中央にある「赤松薬局」であること、浅野家の広島入府にしたがって、和歌山から大勢の商人が追従してきたこと、さらに160店舗が廃墟になった被爆後の本通りの様子が書いてあります。

そして本通りといえばアーケード通りであり、その歴史は古く、1954年(昭和29年)完成の初代アーケードから現在は3代目のアーケードだということです。「もし、アーケードがなかったら、本通りの今の賑わいはなかっただろう」といわれるほど、「本通り=アーケード」というイメージがあり、重要な役割を果たしているということもうなづけます。

現在は、郊外型ショッピングセンターが広島のいろいろなところに出来て、これから、本通り商店街はどう生き残っていくべきかを、模索していく状況になってきています。これまで長い時代背景を積み重ねながら経営してきた商店街は、どのような部分で他と差別化を図っていくかを考えていくことが、ビジネスの鍵となるかもしれません。未来の考察のため、本通商店街から南に並行する今新しい店が出店している元気な町「裏袋」や、また全国的に注目されている「高松丸亀町商店街」の事例も紹介してあります。

広島の町の活性化に、またあなたのビジネスヒントにつながる一冊です。この本を持って確かめながら歩き、「本通り」をはじめとした広島のいろいろな商店街のことを考えるきっかけとしていただければと思います。

『インターネットで文献探索 2013年版』

更新日:2015年02月19日

『インターネットで文献探索 2013年版』伊藤 民雄/著 『インターネットで文献探索 2013年版』伊藤 民雄/著

わからないことを調べるとき、あなたは何で調べますか?

インターネットが現在のように普及する前は、まずは百科事典や広辞苑で調べたのではないでしょうか。言葉の意味を知りたいときは国語辞典、新聞記事は原紙や縮刷版、歴史や人名はそれぞれの事典でといったように、調べたいことに応じて様々な図書や新聞・雑誌を活用していました。

では現在はどうでしょう?ほとんどの人が、まずはインターネットの検索エンジンでキーワードを入力して検索しているのではないでしょうか。図書館職員である私たちも例外ではありません。気軽に手がかりが得られ、その手がかりから探している資料や情報に早くたどりつくことはよくあることです。その反面、検索結果が膨大に表示され、どの情報を選べばいいのか迷うことも少なくありません。

この本は、「学術上の調査・研究、情報検索に役立つサイトとデータベースを紹介するガイド」として出版されました。文献を探すポイントと、図書、新聞・雑誌、灰色文献(通常の出版物流通ルートに乗らない資料、地域情報や企業情報など)、視聴覚資料と4項目に分け、それぞれの有効なサイトとデータベースを紹介しています。

例えば、国立国会図書館が提供する検索サービス「国立国会図書館サーチ」は、図書に関する情報(書誌情報)や所蔵を調べるのに有効で、図書の所蔵はもちろんのこと、雑誌記事や論文も探すことができます。

ビジネスに関連したサイトでは、金融庁が提供し有価証券報告書が閲覧できる「EDINET」、当日から1か月以内の官報を全文検索できる「官報検索」、各府省作成の政府統計が閲覧できる「e-Stat」などがあり、目的に応じて有効に使えそうです。

また、ビジネスに限らず、テーマから新書を探す、あいまいな記憶から絵本を探す、国語の教科書に掲載された作品を探す、歌詞や楽譜を探すなど、知っておくと便利なサイトも紹介されています。

調べ物のお手伝いをする「レファレンスサービス(調査相談)」は図書館の主な業務の一つで、依頼があれば図書やインターネットを駆使して職員総動員で調べます。でも、有効なサイトを活用することで、自分で回答や手がかりが得られるだけでなく、さらにはサイト内の他の情報から調査が展開していくこともありそうです。

情報は探して終わりではなく、集めた情報から必要なものを選び、それが活用されてこそ初めてその情報が活きてきます。ぜひこの本を参考にして、興味のあるサイトをのぞいてみてください。役立つ情報が見つかるかもしれません。

『困ったときには図書館へ~図書館海援隊の挑戦~』

更新日:2015年01月16日

『困ったときには図書館へ~図書館海援隊の挑戦~』神代 浩/編著 『困ったときには図書館へ~図書館海援隊の挑戦~』神代 浩/編著

公共図書館は無料で本を読んだり借りたりできるところです。でも、それだけではなく、地域住民が抱える様々な課題の解決をお手伝いするところでもあるのです。

「図書館海援隊」は、平成22年(2010年)1月、当時文部科学省生涯学習政策局社会教育課長であった著者の呼びかけに応じて集まった有志の図書館7館で結成されました。この本は、その「図書館海援隊」の発足の経緯からこれまでの活動を振り返り、今後の図書館のあるべき姿について問題提起をすることを目的に記されたものです。

この「図書館海援隊」プロジェクトは、平成20年(2008年)の年末から平成21年(2009年)の年始にかけて問題となった「年越し派遣村」の様子を見ながら、「最低限の衣食住を提供されたからと言って、さあ次の仕事を探しましょう、と言われてもそんな気持ちになれるだろうか?」と感じていた著者のもやもやとした気持ちが発端となっています。その後、著者は社会教育課長となり、各地の公共図書館に足を運んで知り合った元気な司書たちに「派遣切りなどで失業した人々に対し、図書館として何かできることはありませんか?」と、この「もやもや」をぶつけてみます。そして、一人の司書から送られてきた「労働者の直面する問題と図書館のできること」と題された1枚の表を見たとき、「これなら、何かできるかもしれない」と確信したところから「図書館海援隊」が始まりました。

当初は貧困・困窮者向けの支援に重点を置いていましたが、その後、関係部局と連携しながら医療・健康、福祉、法務等に関する支援を行っている図書館も対象となり、現在では50館の図書館が「図書館海援隊」に参加しています。(参加館一覧は文部科学省のホームページで確認できます。)

また、地元のJリーグクラブチームと連携を行う「図書館海援隊サッカー部」や、NPO法人キャンサーリボンズとの連携を行う「リボン部」など派生ユニットも誕生し、図書館海援隊はその活動の幅を広げています。

この本には、参加館の活動事例も詳細に掲載されており、地域に根ざした特色ある取り組みを知ることもできます。

しかし、これらの業務は図書館法第三条の規定に沿ったものであり、「わざわざ海援隊を名乗らなくても、およそどこの図書館でも当たり前のように実施されていなくてはならない、図書館の本来業務なのである。」と著者は語ります。そして、地域住民に「『近くに本を借りられるところがあると楽しい』からでなく、『自分たちの生活を改善し、自分たちの住む街を良くするためには、図書館が役に立つ』から図書館が必要」だと認識してもらうために、司書はスキルアップを図り、館長は環境を整えるためのリーダーシップを取らなければならないと指摘します。

図書館を利用される方には、図書館をさらに便利に使うための参考となり、図書館で働く者には、日々の業務を見直すきっかけとなる一冊です。

さて、広島市立中央図書館も図書館海援隊に参加しており、図書館の資料や情報により、相談サービスや様々な機関と連携しながら事業を実施し、課題解決のお手伝いをしています。

ビジネスに役立つ資料や商用データベースを使用できる端末を設置している参考閲覧室のビジネス支援情報コーナーや、中小企業診断士を迎え毎月第2土曜日に実施している起業や経営の相談を受ける「ビジネス相談会」、各機関と協力して実施する講座などはきっと仕事のお役にたてます。また、広島資料室の広島3大プロコーナーでは、サンフレッチェだけでなく、カープ、広島交響楽団の資料を集め、各団体と連携した事業で地域を盛り上げ、自由閲覧室Aの闘病記コーナーでは病名別に分類された闘病記の他に各患者会資料やキャンサーリボンズから提供を受けたがん患者に役立つ資料も設置しています。

「困ったときには図書館へ」。

皆様のご来館をお待ちしております。

『ファーストペンギンの会社』

更新日:2014年12月16日

『ファーストペンギンの会社』株式会社デジタルガレージ/著 『ファーストペンギンの会社』株式会社デジタルガレージ/著

Be the first penguin(ファーストペンギンであれ)。

株式会社デジタルガレージは、この「ファーストペンギンの精神を持て」を社員に課し、社是にもしています。ファーストペンギンとは、どういう意味なのでしょうか。

ペンギンは天敵がいる海に飛び込んで、エサを獲らなくてはいけない一方で、自分たちが食べられてしまうリスクもあります。その中で意を決して、海に飛び込み、先頭に立って突き進む一羽のペンギンがいます。これをファーストペンギンといい、リスクのあることにも勇気と強い意志を持って真っ先に挑戦するという先駆者を意味しています。

デジタルガレージは、1994年、林郁氏、伊藤穰一氏が共同で、代々木富ヶ谷の車庫で創業し、日本で初めて個人のホームページを開設したことに始まります。その後、ロボット型検索の技術を手がけるインフォシーク(Infoseek)の事業の立ち上げ、コンビニエンスストアでの決済サービス、カカクコムやツイッター社への出資、インキュベーション事業など、常に時代の一歩先を進むことで、新しい市場を切り開いています。

この本は、インターネット企業のデジタルガレージの創業20年の歴史とともに、インターネット業界をどのように牽引してきたか、どのようにインターネットを普及してきたかの歴史について書かれています。また、林氏と伊藤氏の様々な分野のキーパーソンとの対話部分からは、インターネットビジネスの今後の可能性を読むことが出来ます。

林郁氏は、現在デジタルガレージグループのCEOであり、また伊藤穰一氏は取締役で、2011年からマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボ所長を務めています。

注目すべき内容として、インターネットが世の中に広まる前と広まった後の状況を比較して、「誰もが、世界を変えられる商品やサービスを生むチャンスを得られるようになった。」という箇所があげられます。今、イノベーションを起こすのは、これまでの大企業の研究所から、学生やスタートアップ企業に移ってきていて、今後日本のスタートアップ企業を盛り上げるにはどういった工夫や仕掛けが必要かという点も注目すべき内容です。

こうした「ファーストペンギン」という先駆者の行動指針を知ることで、業界を超えて、これからの起業に大きなヒントを見つけることができるかもしれません。

『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』

更新日:2014年11月18日

『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』佐々 涼子/著 『紙つなげ!彼らが本の紙を造っている』佐々 涼子/著

タイトルに引き寄せられて手に取った本で、表紙の写真も作業着姿の人々が並び、その後ろにまるで巨大船のような機械が見えていて印象的です。この本は、東日本大震災で壊滅的な被害を受けた日本製紙(にっぽんせいし)石巻工場の、奇跡の復興を記録した物語です。

日本製紙は、日本の出版用紙の約4割を担い、世界屈指の規模を誇る石巻工場はその主力工場として震災前には一年に約100万トンを生産していました。ところがあの日、従業員までもが「工場は死んだ」「きっと日本製紙は石巻を見捨てる」と思うほど工場は絶望的な状態となりました。しかしながら、奇跡的にも、当日出勤していた1306名の従業員は全員生存が確認でき、工場も火災から免れることができました。この奇跡から彼らの復興に向けての戦いが始まったのです。

避難場所での生活、工場内の瓦礫の撤去、工場から流出して使い物にならなくなった巨大ロール(巻取(まきとり))の回収など、従業員は工場存続の不安を抱えつつも復旧の作業を進めました。しかし先の見えない作業が長期化するにつれ、不安や疲労でモチベーションも下がり始めます。そんな従業員に会社は、なんと半年後の機械稼動を宣言します。まずは1台。それでも誰もが無理だと思いましたが、石巻のため、出版社のため、そして本を待っている読者のため彼らは一致団結し、2012年には生産量を約85万トンまで戻しました。

この工場で作られた紙が使われている本は、村上春樹の『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』、文庫本では百田尚樹の『永遠の0(ゼロ)』、東野圭吾の『カッコウの卵は誰のもの』、そしてコミックスでは『ONE PIECE』『NARUTO-ナルト-』など馴染みのある作品ばかりです。もちろん、辞書、単行本、雑誌などに使われる紙にも石巻工場の技術が結集されています。

表紙の巨大機械「8号抄紙機(しょうしき)」のオペレーターである佐藤憲昭(さとうのりあき)氏は言っています。「いつも部下たちにはこう言って聞かせるんですよ。『お前ら、書店さんにワンコインを握りしめてコロコロコミックを買いにくるお子さんのことを思い浮かべて作れ』と。小さくて柔らかい手でページをめくっても、手が切れたりしないでしょう?あれはすごい技術なんですよ。」

タイトルの「紙つなぎ」とは、抄紙機に原料のパルプが吹き付けられたあと、様々な工程を経て最後のリールに巻きつくまでを言い、熟練のオペレーターが操作しても一度に通ることはなかなか難しいのだそうです。職人の、決して妥協を許さないものづくりの話でもあります。

工場でできた紙は、出版社で本となって私たちの手元に届きます。が、何気なく読んでいる本の向こうには、石巻工場で働く人たちにつながっているように感じられます。そしてこの本からは、まるで石巻工場の人たちの声が聞こえてくるようです。ぜひ、この本を手に取って、紙の感触を確かめながら読んでみてください。

『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』

更新日:2014年10月15日

『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎・古賀 史健/著 『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見 一郎・古賀 史健/著

「すべての悩みは『対人関係』の悩みである。」
私たちは、家庭でも、学校でも、職場でも、常に他者を意識し、自分を他者に認めさせたいと思いながら生きているのかもしれません。だからこそいろいろな悩みが生じるのです。この世で一人っきりであれば、悩む必要はない?ただ、そんなことは不可能です。

この本は、フロイト、ユングと並び「心理学の三大巨頭」と称される、アルフレッド・アドラーの心理学を、悩み多き「青年」と、「世界はシンプルである」と説く「哲人」の対話形式にまとめたものです。物語を読み進めるうちにアドラーの思想が自然と心に落ちてきます。

私も青年と同じく、誰からも嫌われたくないが故に、他者から自分に期待されている役割は何なのかということばかりに気をとられ、それに合わせて生きてきたような気がします。他者の反応に一喜一憂の日々。

それを哲人に「ほんとうの自分を捨てて、他者の人生を生きることになる」、「他者もまたあなたの期待を満たすために生きているのではない」、「相手が自分の思うとおりに動いてくれなくても、怒ってはいけません。それが当たり前なのです。」と説かれ、返す言葉もありませんでした。

「大切なのはなにが与えられているかではなく、与えられたものをどう使うか。」「あなたにできるのは『自分の信じる最善の道を選ぶこと』、それだけです。その選択について他者がどのような評価を下すのか、これは他者の課題であって、あなたにはどうにもできない話です。」

そう考えれば、他者にどう思われるかをあれこれ心配するのは無意味なことであり、自分の信念のままに生きればよいというシンプルな構図が目の前に開けます。

青年が哲人との対話でたどり着いた答えは非常にシンプルです。

「ただし、実践するのは難しそう。」そう思うのは私にまだ「勇気」が足りないからかもしれません。

「幸せになる勇気」は「嫌われる勇気」。

アドラー心理学の入門書として最適な一冊です。

『和える -aeru-伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』

更新日:2014年09月15日

『和える -aeru-伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』矢島 里佳/著 『和える -aeru-伝統産業を子どもにつなぐ25歳女性起業家』矢島 里佳/著

書名であり社名でもある「和える」とはどういった意味からきているのでしょうか?

著者は「和える」とは「日本の古き良き先人の知恵と、今を生きる私達の感性を和える」という意味だと説明しています。焼き物の割れにくさや本藍染の抗菌作用などの日本の伝統工芸品のすばらしさを発見し、子どものころから伝統工芸品を使ってもらい、日本の伝統を21世紀の子どもたちへ伝えていきたいという強い想いが社名「株式会社和える」の由来になっています。

創業のきっかけは高校まで茶華道部に所属して伝統工芸品に囲まれて過ごす中で興味を持ち、大学入学後には、日本の伝統工芸品などの情報発信の仕事をするようになったことからです。そして伝統工芸産業の職人との出会いなどが更に創業に結びついていきます。伝統工芸品のすぐれたところを取り出し、それを使ってもらい伝統産業そのものをアピールしていくことで、職人の仕事も継続的に支えることにつながっていけると考えています。そして日本の伝統工芸品を未来につなげていくことを期待し、ホンモノを子どもたちに伝えるという意味で、「伝統産業×赤ちゃん・子ども」というこれまであまりビジネスとして成り立っていないコンビネーションに可能性を見つけ、日本の伝統産業で0から6歳の未就学児向けのブランドを立ち上げます。

この著者がすごいのは、まずその行動力です。たとえば大学入学後すぐに、受験したAO入試の体験を、本にするために企画書を出版社に持ち込み、伝統産業のことを知るため職人を現地に訪ねるときも、企画書を出版社に持ち込み、出版を実現させていきます。また、伝統産業の職人の現場に出向いて、自分が何をやりたいかを伝え、ロゴを作り、あるいは、「こぼしにくいコップ」などの商品を製作していくなかで、人をどんどん巻き込み、コミュニケーションを繰り返し行うことで想いを形にしています。この著書には、自分が思いついたことを実行できるかを考え、企画書をつくり提案して、困難にぶつかりながらも、創業に至った具体的な行動や感じたことなどが詳細に書いてあります。こうした著者が想い続け行動し続けるストーリーは、創業について参考になるだけでなく、読んだ人が自分も常識にとらわれずに、思いついたことを行動に起こしてみようと思える一冊になっています。

ちなみに、著者自身は「和える」を立ち上げる前にビジネスとしての評価を受けるために、数々のビジネスプラングランプリに参加してブラッシュアップした経験の持ち主ですが、それが評価され、当館が開催している「高校生ビジネスプラングランプリ ビジネスプラン作成講座」で共催している日本政策金融公庫が主催した「第1回高校生ビジネスプラングランプリ」の審査員に選出されています。

『ウラからのぞけばオモテが見える』

更新日:2014年08月15日

『ウラからのぞけばオモテが見える』佐藤 オオキ・川上 典李子/著 『ウラからのぞけばオモテが見える』佐藤 オオキ・川上 典李子/著

著者の佐藤オオキ氏(表紙写真)は、1977年カナダで生まれ、早稲田大学理工学部建築学科を卒業し、同大学大学院修了後の2002年にデザインオフィスnendoを設立、その代表を務めています。国内外の企業を相手に250を超えるプロジェクトを抱え、建築、インテリア、家電製品、雑貨、パッケージなどのグラフィックデザインまで、ジャンルを問わず数々のアイデアを出し、今最も世界が注目しているデザイナーの一人です。

「nendo」の由来はもちろん「粘土」で、「形や色を無限に変える粘土さながら、(卒業旅行の)ミラノで感じた自由な発想と創作活動を実現したいという想いが込められている。」のだそうです。

この本は、副題が「佐藤オオキ nendo 10の思考法と行動術」とあるように、第1章「nendoの思考法」では、①「面」で考える ② 一歩「下がる」 ③「違和感」を生む ④ 均衡を「崩す」 ⑤ 見せたいものは「隠す」 ⑥「ゆるめ」につくる ⑦ とにかく「集める」⑧「休み時間」に休ませない ⑨「他人丼」を見つける ⑩ そこにあるものを「使いまわす」をタイトルに、それぞれ具体例を挙げながら書かれています。

例として、消臭スプレーのモデルチェンジ(①)など馴染みのあるものから、海外ブランドのショーウインドーディスプレイ(③)や、ニューヨーク近代美術館などに収蔵されている作品(⑥)、さらに伝統工芸とのコラボレーション(⑩)など数多く挙げられており、nendoの柔軟なアイデアがどのようにして生まれたのかがわかりやすく紹介されています。

第2章「nendoの行動術」では、① 状況を「耕す」 ② クライアントと「育てる」 ③ アイデアを「収穫する」とし、基本的な考え方や取り組み方について書かれています。

佐藤オオキ氏は「はじめに」に、「デザインとは問題解決のための「新しい道」を見付ける作業」「こういった「新しい道」を見付けることによって、クライアントに価値を提供するのがデザイナーの役割なのです。」と書いています。

nendoがクライアントとプロジェクトを完成させるとき、それは決して相手方を考えずにデザインを押しつけるのではなく、同じ方向性と価値観を持って作り上げていき、最終的にクライアントが望んだ以上のものを提供していきます。彼は、「(商品デザインによる)短期的な利益以上に重要なのは、企業や商品のブランド価値を高めたり、(略)社内の意識改革や業界全体の活性化がなされることです。」とも述べています。つまり、nendoのデザインが始まりとなり、企業がプロジェクト完成に向けて新たなスタートを切っているのです。紹介されたプロジェクトの中には、なぜnendoに依頼し、そのアイデアによってどのような変化がもたらされたか経営者のコメントも載せられており、興味深く読むことができます。

「何かいいアイデアはない?」「新しいアイデアが浮かばない」この会話は職場でよく耳にします。しかしながら、アイデアは探してもなかなか見つかるものでもありません。そんなときは、ぜひこの本を開いてみてください。何かきっかけが見つかるかもしれません。