利用案内

よくある質問

インターネットサービスに関すること

パスワードがあると、どんなことができるのですか?
ホームページや、館内利用者用端末(OPAC)からご自身で予約されるときや利用状況(予約状況・貸出状況)を見るときにパスワードが必要です。
パスワードを取得する場合はどうすればいいのですか?

まずは貸出利用券を持って1度ご来館いただき、カウンターで、パスワード登録申込書に記入し、仮パスワード(生年(西暦)月日8ケタ <例:1974年10月5日の場合「19741005」>)を取得してください。(この時、貸出利用券をお作りになったことがない方は、併せてお作りいたします。現住所の確認できるものをご持参ください。)

※団体利用者については、代表者の電話番号(10ケタまたは11ケタ)の仮パスワードとなります。
例:固定電話 082-222-5542の場合 →「0822225542」
携帯電話 090-1□△2-1234の場合 →「0901□△21234」

仮パスワードは本パスワードに変更して、初めて利用可能(登録したこと)になります。本パスワードへの変更は館内利用者用端末やホームページから10分程度で変更操作ができますので、「Myライブラリ」の利用者情報変更画面から仮パスワードをご自身で考えられた本当のパスワードに変更してください。

その他の留意事項
  • 仮パスワードの発行は、本人に成りすましての申請等を避けるため、必ずご来館いただいたうえで発行しています。ホームページからは行っておりませんのでご了承ください。
  • 仮パスワードに有効期限はありませんが、早めに本パスワードに変更してください。
パスワード変更と同時に、ぜひEメールアドレスもご入力ください。Eメールアドレスの登録は、パスワード変更と同じ画面(「Myライブラリ」の利用者情報変更画面)で行います。本パスワードに変更される際、同じ画面にEメールアドレス入力欄がありますので、この時一緒にアドレスを入力してください。
本パスワードを得た後、改めて、「Myライブラリ」の利用者情報変更画面に入り、Eメールアドレスの欄のみ追加、変更されることも可能です。
パスワードを忘れた場合はどうすればいいのですか?
図書館でも利用者個人のパスワードはわからない仕組みにしてあります。どうしても思い出せない時は、図書館窓口で本人確認のうえ仮パスワードの再発行を行いますのでご来館ください。
Eメールアドレスとパスワードは別のものですか?

Eメールアドレスとパスワードは、全く別のものです。
パスワードは、ご自身で予約や利用状況を確認する際の、ご自身であることの証明となるキーワードのようなものです。Eメールアドレスは、図書館からご連絡をする(予約のご連絡等)ために、ご指定のアドレスをあらかじめ登録していただくものです。

Eメールアドレスの登録は、パスワードで「Myライブラリ」の利用者情報変更画面に入り、ご自身で入力(変更も含む)していただくようになります。

図書のご用意ができた連絡等を、登録されたEメールアドレスへ行います。電話等での連絡の場合はお留守等でお時間がかかることもありますので、Eメールが早く確実です。ぜひご登録ください。

※インターネットから予約する場合の連絡方法は「Eメール」又は「不要」のみとなります。
Eメールに書名が書いていないのはなぜですか?

図書館からは「予約受付メール」「予約確保メール」「予約取消メール」「登録確認メール」「返却期限お知らせメール」「督促メール」を差し上げています。

  • メールに書名が書いていないのはなぜ?
    誰がどういった本を読んでいるかということは個人のプライバシーに属するもので、他人に洩れることのないよう取扱を厳密にしています。書名をご確認いただくためには、パスワードを入れてご自身の利用状況画面から確認できます。
  • 「予約受付メール」「予約確保メール」の違いは?
    「予約受付メール」は予約された直後、図書館で受付が完了したことをお知らせしています。まだ、本はご用意できていません。
    「予約確保メール」は本がご用意できたときにお知らせします。1週間以内に借りにお越しください。
  • 「登録確認メール」「返却期限お知らせメール」は、必要ない場合は、「Myライブラリ」の利用者情報変更画面から受取の要・不要を選択することができます。
    • 「登録確認メール」は利用者情報の項目を新規に入力・変更した場合にお知らせします。
    • 「返却期限お知らせメール」は、返却期限を事前(受取希望時期をご自身で選択)にお知らせします。
  • 「督促メール」は、返却期限が過ぎたご連絡をします。Eメールアドレスを登録されている方へは登録されているEメールアドレスへ「督促メール」を送ります。
    ※「督促メール」は受取の要・不要を選択することはできません。
予約の連絡をEメールで希望しましたが、届かないのはなぜですか?

考えられるケースは次のような場合があります。

  • メールアドレスが未登録の場合
    予約の連絡方法を「Eメール」を選択するだけでは、メールは届きません。「Myライブラリ」の「利用者情報」にメールアドレスの登録をお願いします。
  • メールアドレスを間違って登録している場合
    今一度ご確認をお願いします。
  • 携帯電話で特定のメールしか受信を許可していない場合
    広島市立図書館のメールを許可してください。「ドメイン指定受信」している場合は、library.city.hiroshima.jpのドメインを許可するよう設定をお願いします。
  • Hotmail(MSN),AOLなどのメールが届かない場合
    「迷惑メール防止機能」により、広島市立図書館のメールを迷惑メールと誤判断している可能性があります。他のアドレスに変更するか、図書館のメールを受信できるように設定の変更をお願いします。
※いずれにも該当されない場合は、個別にご相談ください。
インターネットから本の予約ができないのはなぜですか?
ご自身の利用券番号やパスワードの入力に誤りがないかご確認をお願いします。
予約冊数制限(20冊)を超えている場合は予約はできませんので、冊数をご確認ください。また、所蔵していない図書に対してご予約はできませんので、その場合はカウンターにお申出ください。
予約の「取消ボタン」が出ないのはなぜですか?。
既に順番が来てしまい、あなたのお名前で確保しているものは、ご自身で取消はできませんので、図書館にご連絡ください。図書館のほうで取消作業をします。
予約の「取消済」の表示はいつ消えますか?
取消した予約を「予約状況」の画面でご確認できるように、1ヶ月間「取消」表示をしています。
シリーズ予約とはどういう予約ですか?
シリーズ予約(巻数順予約)とは、ご自分が指定した順番に予約した本を借りられる予約のことです。上下巻やシリーズになっている図書を順番に読みたいときに使っていただくと便利な機能です。予約優先順位の順番に連絡をします。予約承認後は予約内容の変更はできません。
パスワードを取得していただくと、ご自宅からインターネットでシリーズ予約ができます。
インターネットでシリーズ予約(上下本とかシリーズ本を順番に借りたいとき)をするにはどうすればいいですか?

予約の方法は以下のとおりです。

  • 検索画面で検索したい本の情報を入力し検索します。

    「詳細蔵書検索」画面

  • お探しの本を取り寄せまたは予約をしたいときは、「検索結果一覧」又は「資料詳細」画面にある【予約かごへ】ボタンを押します。

    【検索結果一覧】

    「検索結果一覧」画面

    【資料詳細】

    「資料詳細」画面

    ※「Myライブラリ」にログインされてない場合、「予約かごへ」ボタンを押すと「認証」画面が表示されますので、「利用券の番号」と「パスワード」を入力し、ログインしてください。

  • 複数冊予約される場合には、1.~2.を繰り返し、「予約かご」へ追加してください。

    ※「予約かご」に入れただけでは、予約は行われません。以下の作業も行ってください。

  • 「予約かご」画面で「予約受取館」「予約連絡方法」「予約する資料」を選択し、【シリーズ予約】ボタンを押します。

    「予約かご」画面

  • 「シリーズ予約」画面に展開しますので、予約優先順位を入力し、【シリーズ予約】ボタンを押します。

    「シリーズ予約」画面

  • 「予約内容確認」画面に展開しますので、予約内容を確認し、【予約】ボタンを押します。

    「予約内容確認」画面

  • 「予約結果」画面が表示されるとシリーズ予約の申込は完了です。

    「予約結果」画面

※シリーズ予約が確定した後にその順位を変更することはできません。その場合は間違った予約を取り消しした後、再度予約をしなおしていただくようになりますのでご注意ください。
所蔵一覧に「予別」と表示されていますが、どういう意味ですか?
予約者の方に予約本として別置(取り置き)しているという意味です。
所蔵一覧に「利用可」と表示されているのに貸出できないのはどうしてですか?
「利用可」の表示には「貸出可能」と「館内閲覧可能」という両方の意味があります。貸出できるかどうかについては、所蔵の「帯出区分」や館別所蔵の「貸出可能数」を確認する必要があります。館内閲覧の辞書・事典などの参考図書、中央図書館広島資料室の資料、中央図書館の雑誌などは貸出できませんが「利用可」の表示です。ただし、不明になっている場合もありますので、貸出を希望される場合は、まず図書館に確認してからご来館ください。
新着図書お知らせサービスとはどういうサービスですか?
関心のある「キーワード」や「著者」「テーマ」などをあらかじめ登録しておいて、その条件にあった広島市立図書館で受け入れた「新着図書」を毎週1回、定期的にメールでお知らせするサービスです。但し、コミックと雑誌は対象外となります。また、出版年の古い図書や参考図書、郷土資料など貸出できない図書の情報も含まれます。
早朝、蔵書検索や予約ができないのはなぜですか?
毎日、午前4時20分から午前5時の間、OPACサーバ(蔵書検索サーバ)の定期メンテナンスを行っているため、蔵書検索や予約等がご利用いただけません。
また、毎日、午前4時30分から午前5時の間は、WWWサーバの定期メンテナンスを行っているため、ホームページ自体がご覧いただけません。