中学生・高校生のページ

ライブラリー・サポーターズ

リブサポ通信

  • リブサポ通信第10号

    第10号

    (令和3年3月発行)

    [PDF:423KB]

  • リブサポ通信第9号

    第9号

    (令和2年3月発行)

    [PDF:438KB]

  • リブサポ通信第8号

    第8号

    (平成31年3月発行)

    [PDF:494KB]

  • リブサポ通信第7号

    第7号

    (平成30年3月発行)

    [PDF:495KB]

  • リブサポ通信第6号

    第6号

    (平成29年3月発行)

    [PDF:582KB]

  • リブサポ通信第5号

    第5号

    (平成28年3月発行)

    [PDF:335KB]

  • リブサポ通信第4号

    第4号

    (平成27年3月発行)

    [PDF:842KB]

  • リブサポ通信第3号

    第3号

    (平成25年1月発行)

    [PDF:272KB]

ライブラリー・サポーターズ(リブサポ)とは?

こども図書館の行事や館内作業をサポートする、中学生・高校生ボランティアの会です。
「おはなし会で絵本の読み聞かせをしてみたい」「図書館のイベントを手伝ってみたい」なんて思っている人、なかなか図書館まで行かないけれど「こども図書館のココが変わったら利用しやすいのに」という意見がある人、ぜひ、参加してみませんか?

活動について

1.活動内容
  • 館内サポーター
    こども図書館をもっと利用しやすい図書館にするために、中学生・高校生の視点で考えて、掲示物やポスター作り、本棚の整理などを行います。
  • 読み聞かせサポーター
    幼児や小学生の子どもたちに、おはなし会で絵本の読み聞かせをします。
  • イベントサポーター
    こども図書館で開催される子ども対象のイベントを中心に、講演会などの準備の手伝いや、クリスマスのおはなし会などの企画をします。
2.活動日と時間
  • 館内サポーター
    原則として、
    毎月第二土曜日 午後1時から4時半の間(時間内であれば、フリー参加)
  • 読み聞かせサポーター
    原則として、
    毎月第三日曜日 午後1時から3時
    ※おはなし会は、事前に担当月を決定します
  • イベントサポーター
    原則として、
    毎月第二土曜日 午後1時から4時半の間(準備・企画)
    毎月第三日曜日 午前10時から正午(イベント)
    その他、行事予定に合わせて、2時間程度
3.場所

原則として、5-ファイブDaysデイズこども図書館内

関連書類をダウンロード

入会について

    ※新型コロナウイルス感染症対策に伴い、活動の場が大幅に制限され、メンバーの希望する活動の実施が困難な状況となっているため、令和3年度の新規ライブラリー・サポーターズの募集を締め切らせていただきます。

  • 広島市内に在住もしくは通学の中学生・高校生(高校生相当の年齢の人を含む)が対象です。
  • 入会を希望する人は、所定の申込用紙に必要事項を記入し、来館またはFAXで、こども図書館へ申し込んでください。電話でも受け付けます。
  • 申込は、通年で受け付けています。
    ※ただし、読み聞かせサポーターへの登録には、読み聞かせサポーター研修会(毎年5月~6月頃に開催)の受講が必要ですので、お問い合わせください。

ライブラリー・サポーターズのおすすめ本

こども図書館1階かりるへやには、リブサポ(ライブラリー・サポーターズ)メンバーがおすすめする本を展示したコーナーがあり、手作りのPOPでいろいろな本を紹介しています。
※リブサポ(ライブラリー・サポーターズ)とは、こども図書館の行事や館内作業をサポートする中学生・高校生ボランティアの会です。

ライブラリー・サポーターズのおすすめ本 イメージライブラリー・サポーターズのおすすめ本 イメージ

現在展示している本

書名 請求記号 著者 出版者 紹介文
秘密のオルゴール 913 い 池田 美代子/作
尾谷 おさむ/絵
講談社 この本は、主人公いつみと不思議なネコ・ムスビの物語です。ある日いつみは亡くなったおばあさんの家で不思議な鈴を見つけます。その鈴のみちびきで、いつみは摩訶不思議なネコ・ムスビと出合います。そのおかげで不思議なチカラを使えるようになったいつみが、仲間といっしょに事件を解決します。
2年A組探偵局 1 913 そ 宗田 理/作
はしもと しん/絵
角川書店 中学校で起こるたくさんの事件。それらの解決に挑む前川有季を所長とする2A(ツーエー)探偵局と、菊地英治の元クラスメイトのぼくらたち。友達を助けるためなら、頭の回転の速さやいたずらを武器にして、たくさんの敵をやっつけていきます。犯人は誰だ!? あなたもぜひ考えながら読んでください。
コンビニたそがれ堂 913 む 村山 早紀/作
名倉 靖博/絵
ポプラ社 今日も夕暮れどきになると、風早(かざはや)の街の古い大きな商店街のはずれの赤い鳥居の群れが立ちならぶあたりには、ふしぎなコンビニがいつのまにやら開店して、だれかを待っているのです。コンビニの名は「たそがれ堂」。大切なものをなくしてしまったお客さんのために開かれている、どんなものでもきっと手に入る、魔法のコンビニの物語です。
ひみつの校庭 913 よ 吉野 万里子/作
宮尾 和孝/絵
学研プラス 主人公・葉太(ようた)の通う小学校では、入学すると、「ぼくの木わたしの木」というノートが配られ、ひとりずつ担当の木が決められる。観察ノートを1冊書き終えるとカギが渡され、もっとたくさんの植物を見ることができる場所に行ける。そこで葉太は、「アオノリュウゼツラン」という、30から50年に1度しか咲かない花に出合う。
ダレン・シャン 933 し Darren Shan/著
橋本 恵/訳
小学館 クモが好きで好きでたまらないぼく(ダレン・シャン)は、不思議なサーカスのチラシを見つける。ぼくは、家族に秘密で、友達と2人でサーカスを見に行った。しかし、サーカスに行ったことで、ぼくの人生は変わっていく……。