第7回 おもしろその年まんが大賞

募集結果

1. 応募作品数・応募者数

  • ・応募総数:252点(214名)

  • ・一般部門:112点(79名)

  • ・ジュニア部門:140点(135名)

展示風景のイメージ

展示風景

2. 都道府県別応募作品数

  • 1. 広島県…143名

  • 2. 京都府…10名

  • 3. 埼玉県…8名

  • 4. 東京都…7名

  • 5. 愛知県…7名

  • 6. その他※…39名

※静岡県、兵庫県、千葉県、神奈川県、三重県、北海道、長野県、大阪府、滋賀県、福岡県、青森県、山形県、茨城県、福井県、香川県、熊本県、佐賀県、宮崎県

3. 年代別応募者数

  • ・10歳未満…135名

  • ・10代…5名

  • ・20代…20名

  • ・30代…15名

  • ・40代…9名

  • ・50代…6名

  • ・60代…13名

  • ・70代…6名

  • ・80代…1名

  • ・不明…4名

結果、8歳から80歳までの284名の方からの応募があった。

4. テーマ別応募作品

  • 1. 「アテネオリンピック」33点

  • 2. 「韓流、ヨン様ブーム」28点

  • 3. 「自然災害の多発」21点

  • 4. 「新紙幣の登場」17点

  • 5. 「クマ騒動」15点

  • 6. 「中越地震、スマトラ沖地震」14点

  • 7. 「オレオレ詐欺」11点

  • 8. 「台風」11点

※一般、ジュニア部門の計が11点以上のものを掲載した。
※一作品において、テーマが重複している場合もある。

5. コマ数別応募作品集

  • ・1コマ…220点

  • ・2コマ…8点

  • ・3コマ…1点

  • ・4コマ…23点

入賞作品一覧

大賞

初夢


テーマ:小泉首相とスマトラ沖地震

きむら ともみ
木村 友美/広島県広島市

作者/審査コメント

大賞『初夢』

クリックで拡大


部門 タイトル 作者 住所
優秀賞 一般部門
一葉さんがお札になった

テーマ:樋口一葉が新五千円札に登場

たかぎ ひろし
高木 宏

作者/審査コメント

千葉県浦安市
非戦闘地域

テーマ:自衛隊の海外派遣

つちや やすひで
槌屋 保秀

作者/審査コメント

東京都 八王子市
ジュニア部門
奥さま熱狂

テーマ:ヨン様への熱狂とその家族

たけもと りょう
竹本 亮

作者/審査コメント

広島県安芸郡熊野町
カモさんうつさないで

テーマ:鳥インフルエンザの流行

もりやま しんたろう
森山 真太郎

作者/審査コメント

広島県広島市
佳作 一般部門
新潟での書道展

テーマ:中越地震

こばやし なおたけ
小林 尚武

作者/審査コメント

茨城県 つくば市
ウカイ献金

テーマ:日歯連からの迂回献金疑惑

なかむら みのる
中村 稔

作者/審査コメント

佐賀県 三養基郡 基山町
ジュニア部門
オレオレさぎ

テーマ:オレオレ詐欺が続発

おがわ ひかり
尾川 ひかり

作者/審査コメント

広島県 広島市
野菜屋さんからキャベツがきえた!

テーマ:災害の続発と野菜の値上がり

やすもと あさこ
安本 朝子

作者/審査コメント

広島県 安芸郡 海田町
審査員特別賞 一般部門
熊出没

テーマ:クマ騒動

ちば なおひろ
千葉 直広

作者/審査コメント

静岡県 富士市
ジュニア部門
最近の流行語とニュース

テーマ:波田陽区の「残念」とカープBクラス残念

さえぐさ ゆうき
三枝 優輝

作者/審査コメント

広島県 広島市
作者コメント

スマトラ沖地震で被災した方々が早く元の生活に戻れるようになればいいな、と思ってます。

審査コメント

ジュニア部門への応募者から初めての大賞受賞です。木村さんがとりあげたテーマとその内容に審査員一同拍手喝采しました。4コマの起承転結がしっかりしていて、絵も文字も丁寧に描けています。

作者コメント

お金に縁のうすかった樋口一葉さんには皮肉なお話。もし、生き返ったら、五千円札を思う存分、沢山、使ってもらいたいですね。

審査コメント

高木さんの絵は、ほのぼのとして素晴らしいですね。一葉さんの表現に舌を巻きました。詩情を描き切るのは至難の業ですが、高木さんはそれができる作者です。

作者コメント

本当の意味で、自衛隊が非戦闘地域的存在であり、世界的な平和へのシンボルになることを願う。

審査コメント

大賞をジュニア部門の木村さんに譲った作品です。派遣された人達の安全を願う優しさに心をうたれました。殺伐とした時事問題も、このような切り口で処理されると、ほっとしますね。かくあってほしいと切に願います。

作者コメント

ヨン様に負けるな!子供達!

審査コメント

アイデア秀逸。絵も稚拙のようでいて、妙に説得力があります。3コマ目のお母さん、迫力ありますね。手足の動きが逆なのに、それもあまり気になりません。ユニークな作品です。

作者コメント

鳥インフルエンザが流行していて、また流行しそうなので、人間にインフルエンザをうつさないでほしいと思いこのテーマを選びました。

審査コメント

前回の入賞作品に似ているのが難点でしたが、画面構成はなかなかのものです。カモの群れを上手に表現しています。選考していた時に、パッと目に飛び込んでくる、そんな強みを持つ作品です。

作者コメント

地震被災地で書道展を開いたら、こんな作品が出品されるのかな。

審査コメント

災害をまんがにするのは、被災者のことを思うと難しいですよね。それぞれの文字にアイデアを盛り込んだのは買いますが、もうひとひねり、「希望」や「励まし」の要素も入れていただくと、さらに厚みのある作品になるのではないでしょうか。

作者コメント

2004年日歯連からの1億円献金疑惑をテーマに政治と金のあり方を鵜飼と迂回にして風刺表現。

審査コメント

タイトルの「ウカイ献金」に思いをつかれて、思わずニヤリとされたことでしょう。政治とカネの関係をうやむやにするのではなく、すっきりとさせてもらいたいものです。風刺のきいたなかなかの力作です。

作者コメント

昨年はオレオレさぎでお年寄りや専業主婦などが相次いで被害にあいました。今年はそんなことがないといいです。

審査コメント

オレオレさぎの犯人らしい男が電話をかけている…。ただそれだけで何の変哲もありませんが、単純明快さ、とぼけた犯人のクローズアップ、それらが意外な効果を生んだ作品です。

作者コメント

2004年は災害が多く、いろんな野菜が値上がりしてしまったので、その代表のキャベツが台風にとられてしまう絵をかきました。

審査コメント

自然災害で野菜が高騰。数ある災害ものの中で、明るいユーモアが感じられる好ましい作品です。台風の表現もよく工夫して描きましたね。八百屋のおじさんのびっくりした姿もユーモラスでほほえましい。

作者コメント

台風や災害が多く、人的支援がされる中、エサを求めた熊が巷に現れました。

審査コメント

支援物資を受ける行列の中に、熊の親子が…。つまり、熊の親子も被災者の一員であるというヒューマンスティックな絵柄に徹底して欲しかったと思います。熊、人物の表現に一工夫が必要です。

作者コメント

なかなかAクラス入りしないカープを見て、波田陽区も「残念」なのかなぁ。僕も「どうもおかしいカープ坊や」を見て残念。

審査コメント

子供たちには、このタレントは人気者のようですね。他の応募作品にも数多く見受けられ、どれも同工異曲の感じがしました。そんな中で、われらのカープと組み合わせたこの作品は、絵も面白く仕上がっています。

  • ホーム
  • まんが図書館概要
  • 館内案内
  • 利用案内
  • 行事案内
  • コレクション
  • まんが大賞
  • 新着図書案内
  • 広島国際アニメーションフェスティバル