コレクション

広島市まんが図書館では、“まんが”に関するさまざまな資料を収集しています。
そのなかで、特徴のあるものを、ご紹介します。

貴重資料

日本の「まんが」は、さまざまな文化の影響を受け発展し、21世紀の今、総合的な文化として認知され、世界に発信されるまでになっています。
一直線に現在の「まんが」に通じるものではありませんが、広島市まんが図書館では、日本文化の流れのなかで「まんが」の歴史をとらえて、それを知る便として、古書や復刻版等を歴史的資料として収集、所蔵しています。
「まんが」のルーツを探り、歴史をたどる、そんなコレクションです。

漫画歴史年表

時代 西暦 主な出来事
平安 12世紀 肉筆絵巻「鳥獣人物戯画」制作。猿、兎、蛙などをユーモラスに表現。
江戸 17世紀 滑稽(こっけい)で簡略な民画“大津絵”が大津(現・滋賀県大津市)土産として流行。
18世紀 長い手足、誇張・省略表現が特徴の戯画“鳥羽絵(とばえ)”が流行。
1814 浮世絵師・葛飾北斎が絵手本集『北斎漫画』を刊行。
世相を風刺した浮世絵、戯画入りの瓦版が流行。
1862 C.ワーグマンが外国人向けの漫画雑誌「ジャパン・パンチ」を創刊。
明治 1874 仮名垣魯文、河鍋暁斎が日本初の漫画雑誌「絵新聞日本地(えしんぶんにっぽんち)」を創刊。
1877 野村文夫が本格的な時局風刺漫画週刊誌「團團珍聞(まるまるちんぶん)」を創刊。
1887 G.ビゴーが時局風刺雑誌「(トバエ)」を創刊。
浮世絵師が、石版や銅版刷の小型本“ポンチ本”を出版。
1901 宮武外骨が辛辣な政治風刺漫画を掲載した「滑稽新聞」を創刊。
1902 『時事新報』に色刷りの日曜特集紙面「時事漫画」が登場。
1905 “日本近代漫画の父”北沢楽天が「東京パック」を創刊。
大正 1921 岡本一平が「人の一生」を発表。主要新聞が競って連載漫画を掲載。
1923 織田小星(文)、樺島勝一(画)が「正チャンの冒険」を発表。“正チャン”は国民的漫画ヒーローに。
昭和 1928 『現代漫画大観』(全10巻)など、漫画全集出版ブーム。
講談社、中村書店らが子供漫画を出版。
1931 田河水泡が「のらくろ二等卒」を発表。のらくろがブーム。
1944 新聞から漫画が姿を消す。
1945 第二次世界大戦が終戦。漫画雑誌が相次いで復刊、創刊。
1946 新聞漫画が復活。長谷川町子が「サザエさん」を発表。
1947 大阪を中心に“赤本漫画”が流行。
酒井七馬(構成)、手塚治虫(画)が『新宝島』を出版。大ベストセラーに。
山川惣治が『少年王者』出版。絵物語がブームに。
1953 手塚治虫が「リボンの騎士」を発表。
1954 「文藝春秋臨時増刊・漫画讀本」が創刊。大人の漫画がブーム。
1956 貸本漫画雑誌からリアルなストーリー漫画“劇画”が誕生。
1959 白土三平が『忍者武芸帳』を発表。劇画がブームに。
初の少年漫画週刊誌「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」が創刊。
1962 赤塚不二夫が「おそ松くん」を発表。
1963 「鉄腕アトム」、「鉄人28号」などのテレビアニメが放映開始。
1964 青年向け漫画雑誌「月刊漫画ガロ」が創刊。
1966 梶原一騎(作)、川崎のぼる(画)が「巨人の星」を発表。
スポーツをテーマにした漫画“スポ根(こん)漫画”が流行。
「COM」(1967)、「ビッグコミック」(1968)などの青年向けの漫画雑誌が相次いで創刊。
1968 高森朝雄(作)、ちばてつや(画)が「あしたのジョー」を発表。
つげ義春が「ねじ式」を発表。漫画に新境地を開く。
1972 「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」など、外国漫画の紹介が盛んに。
1974 池田理代子の「ベルサイユのばら」が宝塚歌劇に登場。ブームに。
「花とゆめ」(1974)、「プリンセス」(1975)、「LaLa」(1976)、「ぶ~け」(1978)などの少女漫画誌が相次いで創刊。
1976 漫画文庫本出版ブーム。
美内すずえが「ガラスの仮面」を、竹宮恵子が「風と木の詩」を発表。
1979 アニメ化により、藤子不二雄の「ドラえもん」がブームに。
1980 漫画の発行部数が、全出版物の年間総発行部数の4分の1に。
1981 四コマギャグ漫画ブームに。
1983 大友克洋の「童夢」が漫画として初めて日本SF大賞を受賞。
1985 レディースコミック誌が相次いで創刊。
1986 石ノ森章太郎が『マンガ日本経済入門』を出版。
1988 鳥山明の「DRAGON BALL」が大人気。「週刊少年ジャンプ」の発行部数が500万部を突破。
平成   アニメなどにより、やなせたかしの「アンパンマン」がブームに。

平安時代 12世紀

鳥獣人物戯画

12世紀に製作された肉筆絵巻。京都高山寺に伝わる国宝。伝鳥羽僧正覚猷作。
動物や人物を描いた戯画で全四巻として伝わっていますが、ことに猿、兎、蛙などを、擬人化したユーモラスな筆致で描いた甲巻が有名で、「日本最古の漫画」とも言われています。
広島市まんが図書館では、複製版(甲巻)とミニチュア版複製(全4巻)を所蔵しています。

  • 「鳥獣戯画巻」京都、便利堂刊「鳥獣戯画 甲巻」(高山寺所蔵)の複製
  • 「鳥獣戯画巻」京都、便利堂刊 第1巻から第4巻 「鳥獣戯画 甲・乙・丙・丁巻」(高山寺所蔵)のミニチュア版複製
絵巻物と漫画

鳥獣人物戯画をはじめ絵巻物は、漫画やアニメーション表現につながるものとも言われています。
広島市まんが図書館では、平安時代中期の「信貴山縁起」と平安時代末期の「伴大納言絵詞」のミニチュア版複製を所蔵しています。

  • 「信貴山縁起」飛蔵の巻・尼君の巻・延喜加持の巻 京都、便利堂刊 「信貴山縁起」(朝護孫子寺蔵)のミニチュア版複製
  • 「伴大納言絵詞」第1巻から第4巻 京都、便利堂刊 「伴大納言絵詞」(酒井家蔵)のミニチュア版複製

江戸時代 18世紀

鳥羽絵(とばえ)

18世紀半ばに流行した滑稽絵。長い手足、誇張・省略表現が特徴の戯画で、版本の形で全国に広まった「江戸の漫画」とも言われているものです。
広島市まんが図書館では、版本5冊を所蔵しています。

鳥羽絵(とばえ)のイメージ
  • 『軽筆鳥羽車』大阪、寺田今右衛門 享保5年(1720年)刊の和装本 
  • 『鳥羽絵扇の的』大阪、寺田今右衛門 享保5年(1720年)刊の和装本
  • 『鳥羽絵三国志』大阪、寺田今右衛門 享保5年(1720年)刊の和装本
  • 『鳥羽絵筆ひょうし』名古屋、愛知書林 明和9年(1772年)刊の文光堂蔵版の和装本
  • 『鳥羽絵欠び留』大阪、河内屋喜兵衛 寛政5年(1793年)刊の和装本

江戸時代 1814年

『北斎漫画』

浮世絵師・葛飾北斎が絵手本として発行したスケッチ画集。動物、人物、庶民の風俗から妖怪まで、さまざまな絵が収められています。1814(文化11)年の版本刊行から好評を得て、1878(明治11)年まで15冊が刊行されました。
広島市まんが図書館では、1878年刊の全15編を所蔵しています。

『北斎漫画』のイメージ
  • 『北斎漫画 全15編』葛飾北斎作 東壁堂 1878年刊の和装本。

明治10年 1877年

「團團珍聞」(まるまるちんぶん)

野村文夫が1877年に創刊した、本格的な時局諷刺漫画週刊誌。イギリスの「パンチ」を範とし、風刺漫画等が人気を博し、1907年まで刊行されました。
広島市まんが図書館では、1884年刊行の3号を所蔵しています。

「團團珍聞」(まるまるちんぶん)のイメージ
  • 「團團珍聞」1884年1月16日号 通巻406号 東京 團々社刊
  • 「團團珍聞」1884年2月16日号 通巻415号 東京 團々社刊
  • 「團團珍聞」1884年5月17日号 通巻441号 東京 團々社刊

明治38年 1905年

「東京パック」

「日本近代漫画の父」とも称される北沢楽天が1905年に創刊したフルカラー漫画雑誌。
B4変形判に全頁フルカラーという画期的な誌面が人気を呼びました。
広島市まんが図書館では、北沢楽天が主筆の明治40年刊行のものと、大正2年刊行のものの2号を所蔵しています。

  • 「東京パック」1907年2月15日号 3巻5号 東京 有楽社
  • 「東京パック」1912年2月10日号 9巻5号 東京 有楽社

大正12年 1923年

「正チャンの冒険」

織田小星文、樺島勝一(東風人)画で、アサヒグラフで連載を開始した子供向けの漫画。
主人公の少年“正チャン”(しょうちゃん)は、国民的漫画ヒーローとなりました。
広島市まんが図書館では、1924年から1925年に朝日新聞社から7集が刊行された、四色刷の横長本『正チャンの冒険』全7集を所蔵しています。

  • 『正チャンの冒険』第1集 1924年7月6日 大阪、朝日新聞社刊
  • 『正チャンの冒険』第2集 1924年9月10日 大阪、朝日新聞社刊
  • 『正チャンの冒険』第3集 1924年10月25日 大阪、朝日新聞社刊
  • 『正チャンの冒険』第4集 1925年1月10日 大阪、朝日新聞社刊
  • 『正チャンの冒険』第5集 1925年3月20日 大阪、朝日新聞社刊
  • 『正チャンの冒険』第6集 1925年6月15日 大阪、朝日新聞社刊
  • 『正チャンの冒険』第7集 1925年10月15日 大阪、朝日新聞社刊

昭和3年 1928年

『現代漫画大観』

『現代漫画大観』全10巻の刊行など、漫画全集の出版がブームとなりました。
『現代漫画大観』は、第1編 現代世相漫画、第2編 文芸名作漫画、第3編 漫画明治大正史、第4編 子供漫画、第5編 滑稽文学漫画、第6編 東西漫画集、第7編 日本巡り、第8編 職業づくし、第9編 女の世界、第10編 近代日本漫画集、と各巻ごとにさまざまなテーマを設け、まさに漫画の大観となっています。
広島市まんが図書館では『現代漫画大観』を全10巻揃いで所蔵しています。

  • 『現代漫画大観』全10巻 1928年刊 東京、中央美術社刊

昭和22年 1949年

『少年王者』

山川惣治作・画の『少年王者』が出版され、絵物語がブームとなりました。
広島市まんが図書館では、『少年王者』の第4集、第5集を所蔵しています。

  • 『少年王者』第4集 モンスター・ツリー篇 1949年6月10日 東京、集英社刊
  • 『少年王者』第5集 豹の老婆篇 1949年12月20日 東京、集英社刊
『ヤネウラ3ちゃん』

南部正太郎・作の『ヤネウラ3チャン』は1946年3月12日付から1949年4月ごろまで大阪新聞に連載され一大ブームとなった4コマ漫画です。
広島市まんが図書館では、新聞連載された『ヤネウラ3ちゃん』をはじめ、3ちゃんシリーズを7タイトル所蔵しています。

  • 『ヤネウラ3ちゃん』せまいながらもの巻 1947年5月10日 大阪、光書房刊
  • 『ヤネウラ3ちゃん』せまいながらもの巻 1947年9月10日 大阪、ロマン書房刊
  • 『ヤネウラ3ちゃん』青い鳥の巻 1948年8月30日 大阪、玩画社刊
  • 『ヤネウラ3ちゃん』愉しからずやの巻 (赤い屋根) (青い屋根) 1949年8月15日 大阪、蘭書房刊
  • 『3ちゃんの冒険』魔人島の巻 1949年11月20日 平書房刊

昭和28年 1953年

「リボンの騎士」

手塚治虫が「少女クラブ」(講談社)に「リボンの騎士」を発表。1953年1月号から1956年1月号まで連載され、人気をよんだ手塚治虫の代表的な少女漫画ともいえる作品です。
広島市まんが図書館では、当初単行本化された全3巻のものを所蔵しています。

  • 『リボンの騎士』第1巻 1954年初版(所蔵は58年刊の5刷) 東京、講談社刊
  • 『リボンの騎士』第2巻 1954年初版(所蔵は58年刊の5刷) 東京、講談社刊
  • 『リボンの騎士』第1巻 1958年初版(所蔵は58年刊の2刷) 東京、講談社刊

昭和29年 1954年

「文藝春秋臨時増刊・漫画讀本」が創刊。大人の漫画がブームとなります。
広島市まんが図書館では、1954年12月の創刊号から、1970年9月号(この号をもって休刊)まで、欠号もありますが、所蔵しています。

  • 「文芸春秋 漫画読本」東京、文芸春秋社刊

昭和34年 1959年

「週刊少年マガジン」「週刊少年サンデー」

初の少年漫画雑誌「週刊少年マガジン」(講談社)、「週刊少年サンデー」(小学館)が相次いで創刊し、人気をよびました。
広島市まんが図書館では、1959年の各、創刊号を所蔵しています。

  • 「週刊少年マガジン」昭和34年3月26日号 第1巻1号 東京、講談社刊
  • 「週刊少年サンデー」創刊号1959年4月5日号 第1巻1号 東京、小学館刊

※コレクションでご紹介した、古書、復刻版等は、貴重資料として所蔵しております。
※貴重資料の内、時代が新しく、状態の良いものについては、館内閲覧が可能なものありますが、資料保存のため、閲覧していただけないものもございます。ご了承ください。また、本の劣化等により、従前閲覧いただけたものが、閲覧不能となることもあります。

ひろしまコーナー

2階閲覧室のふれあいルームの中に「ひろしまコーナー」があります。

ひろしまコーナーって?

広島市出身および在住等のゆかりの作家の作品、または、作品主題等が広島に関わるまんがを「ひろしまコーナー」として集め、紹介しています。

広島市にゆかりの作家としていますが、例外として広島県出身作家の主要漫画賞受賞作も含んでいます。
作品主題等が広島に関わるまんがとしては、原爆をあつかったものや、作品舞台が明らかに広島市で、背景や方言などにひろしまを楽しめるまんがとしています。

※ある程度の期間、作家活動をし、複数の作品を継続的に出版されている方を対象作家としています。
※まんが作家は、略歴等を明らかにしていない方も多いため、新たな情報があった際には、随時、見直し、加除を行っています。

ひろしまコーナーの作家ご紹介

あすなひろし (1941-2001)東京都池之端生まれ、広島県修道学園高校(広島市)卒。
1959年『まぼろしの騎士』でデビュー。1973年『とうちゃんのかわいいおヨメさん』と『走れ!ボロ』で第18回小学館漫画賞受賞。そのほかに原爆を素材とした『山ゆかば』や、『青い空を、白い雲がかけてった』『哀しい人々』など。
うぐいすみつる 広島市出身。TONOは姉。 
『よからぬ話』『妊娠ちゃちゃちゃ!!』『子育てちゃちゃちゃ!!』など。
甲斐さゆみ 広島市在住。
『実録!看護婦物語』『The ナース』など。
夫・迫田良明氏と当館まんが教室の講師も務める。
かわぐちかいじ (1948~)広島県尾道市出身。
1968年『夜が明けたら』でデビュー。
1987年『アクター』で第11回、1990年『沈黙の艦隊』で第
14回、2002年『ジパング』で第26回講談社漫画賞受賞。
2006年『太陽の黙示録』で第10回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第51回小学館漫画賞受賞。
そのほかに『イーグル』『バッテリー』『太陽の黙示録 建国編』など。
こうの史代 (1968~)広島市出身。
1995年『街角花だより』でデビュー。
広島を舞台とし、原爆を描いた『夕凪の街 桜の国』で2004年第8回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、2005年第9回手塚治虫文化賞新生賞を受賞。
そのほかに『長い道』『この世界の片隅に』『さんさん録』など。
東風孝広 (1972~)広島県呉市出身。
1998年『五番街』で週刊ヤングマガジンのちばてつや賞ヤング部門入賞。広島市が舞台の『カバチタレ!』『極悪がんぼ』など。
TONO 広島市出身。うぐいすみつるは妹。
1983年『しましまえぶりでぃ』でデビュー。
『カルバニア物語』『チキタ★GuGu』など。
小山鹿梨子 広島市出身。
2009年『保健室の鈴木くん』でデビュー。
『もやし男と種少女』『シェリル キス・イン・ザ・ギャラクシー』『校舎のうらには天使が埋められている』など。
中沢啓治 (1939~2012)広島市出身。
1945年広島で被爆。1968年『黒い雨にうたれて』でデビュー。
1973年より自伝的作品『はだしのゲン』を連載開始。被爆体験をリアルに描写し、高い評価を受ける。
永田正実 広島市出身。
広島市在住の18歳の時に『あなたに伝えたい』でデビュー。
『恋愛カタログ』『シャウト!』など。
松本美緒 (1965~)広島市出身。
広島市在住の1982年高校在学中に『惜春ストリート』でデビュー。
『彼女の彼』『Two Hearts』『ラヴァーズ』『優雅で野蛮な女たち』『青春上等!!』など。
麻刀城ひとみ 広島市の専門学校などで講師を務めている。
『M.L.A.-一番激しいキス-』『月と歩こう!』など。
杜野亜希 広島市出身。
1987年『ニセアカシアの魔法使い』でデビュー。「神林&キリカシリーズ」、『碧のミレニアム』『Dの女』など。
八神健 (1966~)広島市出身。
『ふわふら』『蜜・リターンズ!』『きりん』『ななか6/17』『どきどき魔女神判!』など。

ひろしまコーナーの作品ご紹介(ひろしまコーナー収蔵作家以外の作家のもの)

  • 『生きるんだ ~ヒロシマから今、いのちのメッセージ~』
    ごとう和・著 秋田書店 2006年刊
  • 『君がくれた太陽』上・下
    松尾しより・著 講談社 2008年刊

ひろしまコーナー関連

原爆関係まんが資料リスト

短編集のなかの1編等、ひろしまコーナー外のまんがも含む、まんが図書館原爆関係資料リストです。

外国語まんがコーナー

2階ふれあいルーム内に、外国語に翻訳されたまんがを中心に、外国語のまんがを集めた「外国語まんがコーナー」があります。
日本でおなじみの作品の外国語訳本や、アメリカン・コミックスなど外国語まんがを集めています。

  • ホーム
  • まんが図書館概要
  • 館内案内
  • 利用案内
  • 行事案内
  • コレクション
  • まんが大賞
  • 新着図書案内
  • 広島国際アニメーションフェスティバル