広島を知る

これまでのイベント

広島3大プロ応援企画「広島3大プロ ~2020年を振り返って~」

令和3年2月9日~3月7日開催

令和2年、2020年は新型コロナウイルス感染症の流行からスタートしました。緊急事態宣言、マスク着用、3密を避けるなど「新しい生活様式」の実践を余儀なくされました。芸術界やスポーツ界でもその影響は計り知れず、皆様の中にも楽しみにしていた演奏会や試合が中止となり、我慢した方も多いのではないでしょうか? しかし、再始動した3つのプロは、演奏会や試合で、感動や興奮、悔しさなど、様々に私たちの心を動かしました。
この展示では新型コロナの影響を受けつつも対策を講じ、活動・活躍を続けた2020年の広島3大プロを、図書館で収集してきた新聞記事や3大プロから提供を受けた写真パネルなどを展示し、振り返ります。また、昨年同様、サンフレッチェ広島の応援展示は、5-Daysこども図書館でも同時開催しています。

会場 中央図書館 2階 展示ホール前通路

広島3大プロ応援企画「広島3大プロ ~2020年を振り返って~」広島3大プロ応援企画「広島3大プロ ~2020年を振り返って~」

広島3大プロ応援企画「広島3大プロ ~2019年を振り返り、2020年も変わらず応援!~」

令和元年12月14日~令和2年1月19日開催

元号が新たに令和となった今年も広島3大プロは私たちに笑顔と感動を与えてくれました。
応援企画として、広島3大プロについて図書館で収集してきた新聞記事や、3大プロから提供を受けた写真パネルなどを展示し、今年の活動・活躍を振り返ります。
また、サンフレッチェ広島の応援展示は、5-Daysこども図書館(広島市こども図書館)でも同時開催します。
2019年の3大プロを振り返り、2020年に向けて新たに始動する3大プロを応援します。

会場 中央図書館 2階 展示ホール前通路

広島3大プロ応援企画「広島3大プロ ~2019年を振り返り、2020年も変わらず応援!~」

「P3 HIROSHIMA PRデー」広島市立中央図書館の紹介

平成30年8月5日開催

マツダスタジアムで「P3 HIROSHIMA」のPRが行われました。
「広島3大プロコーナー」のある中央図書館も紹介されました。

会場 マツダスタジアム

「P3 HIROSHIMA PRデー」広島市立中央図書館の紹介

広島3大プロ応援企画「P3 HIROSHIMA-広島3大プロ- 結成10周年」

平成29年11月1日~11月29日開催

広島が誇る3つのプロ(広島交響楽団、サンフレッチェ広島、広島東洋カープ)が、地域社会への貢献等を目的として「P3 HIROSHIMA」を結成してから10周年を迎えました。
中央図書館では、平成23年7月から、広島資料室に広島3大プロに関する資料やグッズをご覧いただけるコーナを設置し、広島3大プロを応援しており、このたびの「P3 HIROSHIMA」10周年を記念し、これまでの活動や10周年の記念事業を紹介します。

会場 中央図書館 2階 展示ホール前通路

広島3大プロ応援企画「P3 HIROSHIMA-広島3大プロ- 結成10周年」

広島3大プロ応援企画「P3 HIROSHIMA-広島3大プロ- 結成10周年」広島3大プロ応援企画「P3 HIROSHIMA-広島3大プロ- 結成10周年」

広島交響楽団応援企画「下野竜也音楽総監督就任~広響、新時代~」

平成29年11月1日~11月29日開催

広島交響楽団は、今年4月から音楽総監督に下野竜也氏、首席客演指揮者にクリスティアン・アルミンク氏が就任し、2017年度のシーズンを始動させました。
4月14日の定期演奏会大阪公演「下野竜也音楽総監督就任披露 シーズン開幕 下野×広響《始動》」を皮切りにスタートした2017年度のコンサート・シリーズは「定期演奏会」をはじめ「新・ディスカバリーシリーズ」「「平和の夕べ」コンサート」「音楽の花束〈春・秋・冬〉」「地域定期演奏会」など多彩なラインナップを展開しています。
新しく動き始めた「広響、新時代」の音楽を、ぜひ会場で体感してみてはいかがでしょうか。

会場 中央図書館 2階 展示ホール前通路

広島交響楽団応援企画「下野竜也音楽総監督就任~広響、新時代~」

平成26年度子ども読書まつり「本から音が聞こえてくるよ」 講演会「広島で響き続けて50年-広島交響楽団の歴史とオーケストラの楽しみ方-」

平成26年4月20日開催

「広島交響楽団」とともに30年。広響の50年の歴史について、苦労話やこぼれ話、コンサートの裏話、オーケストラの楽しみ方についてお話しいただきます。

会場 中央図書館 3階 セミナー室

平成26年度子ども読書まつり「本から音が聞こえてくるよ」 企画展「広島の音楽-クラシックからJポップまで-」

平成26年4月19日~5月18日開催

4月23日の「子ども読書の日」から5月12日までは、2012・第56回「こどもの読書週間」です。
今年の標語は「四角い本に、まあるい心」。
広島市立図書館では、今年は「音」をテーマに「子ども読書まつり」を開催し、各館で多彩な催しを行います。
中央図書館では、広島交響楽団をはじめ、広島出身の音楽家やミュージシャン、広島に関連した歌や童謡など、広島に関する音楽や人物の関連資料を展示します。

会場 中央図書館 2階 展示ホール

広島交響楽団50周年応援サテライト展示「市民とともに奏で続けた50年」

平成25年11月16日~12月28日開催

1963年に「広島市民交響楽団」として発足。その後「広島交響楽団」と改称し、1972年のプロ改組以来、国際平和文化都市“広島”を本拠地とする、中・四国唯一の常設プロオーケストラとして活躍の場を拡げ、今年10月に創設50周年を迎えました。
中央図書館では、半世紀もの長きにわたって人々の心を癒してきた広島交響楽団の歩みを写真やポスター・グッズで紹介します。

会場 中央図書館 2階 サテライトコーナー

「広島3大プロコーナー」ができました

平成23年7月開設

広島が誇る3大プロといえば、「広島交響楽団」「サンフレッチェ広島」「広島東洋カープ」です。
中央図書館では、「図書館に来れば3プロのことは何でもわかる!」をコンセプトに「広島3大プロコーナー」を3階の広島資料室に新しく開設しました。
広島が誇る3大プロ(P3 HIROSHIMA ピースリーヒロシマ/広島交響楽団、サンフレッチェ広島、広島東洋カープ)に関する資料やグッズをご覧いただけるコーナーを設置し、広島3大プロを応援します。

設置場所 中央図書館 3階 広島資料室

「広島3大プロコーナー」ができました「広島3大プロコーナー」ができました