新着情報

ライブラリー・サポーターズのおすすめ本
令和2年12月

カテゴリー:こども図書館
記事分類:お知らせ更新日:2020年12月12日

こども図書館の行事や館内作業をサポートする、中学生・高校生のボランティアによるおすすめ本をご紹介します。

ライブラリー・サポーターズについては、こちらをご覧ください。

おすすめ本

日本の昔話を密室やアリバイ、ダイイングメッセージなどのテーマで読み解くミステリーです。

一寸法師や鶴の恩返しなど5作品の作品が描かれています。

(K・R)

家でも学校でもない、第三の場所〈サード・プレイス〉で、瑞希、ダイ、ぴよっち、亮がいろいろな人と関わる中で変化していく物語です。様々な悩みを抱えた中高生の物語なので、共感しながら読むことができると思います。

(ヤマコ)

「お嬢様はアホでいらっしゃいますか?」
世界有数の大財閥、宝生グループの一人娘である宝生麗子は、お嬢様でありながら、刑事として殺人事件の捜査のため、日々町中を走り回っている。しかし、事件の謎を解いているのは、あの"毒舌"な執事、影山だった。

「なんなのよこの暴言執事は。ありえない。許せない!」
影山の暴言はムカつくけど...事件解決のためには、彼の推理が必要...!麗子は事件を解決して、町の平和を守ることができるのか!?

(にわとりのこども)