Web広島文学資料室

峠三吉 愛と平和に生きた詩人

プロフィール

峠 三吉 略年譜

  (満年齢) ※青字は、主な出来事
大正6年(1917)   2月19日 父嘉一、母ステの第5子(三男)として、大阪府豊能郡(現 豊中市)に生まれる。母は「さんきち」は感じが軽い、と「みつよし」と呼んだ。
広島に移り、大手町に住む。
大正12年(1923) 6歳 広島市大手町尋常高等小学校入学。
関東大震災
大正14年(1925) 8歳 この頃より文学を好む。三年の時のちの作家若杉慧が担任となる。
昭和2年(1927) 10歳 母が亡くなる。
昭和5年(1930) 13歳 広島県立広島商業学校(現 広島県立広島商業高等学校)入学。この頃より、詩や俳句を作り始める。
広島県立広島商業学校時代の峠広島県立広島商業学校時代の峠
昭和6年 満州事変
昭和10年(1935) 18歳 広島県立広島商業学校卒業。広島ガスに入社するが、肺結核と診断され、療養生活を送る。
昭和11年 (1936) 19歳 病床で書いた詩などを新聞・雑誌へ投稿する。次兄匡亡くなる。
二・二六事件
昭和12年 (1937) 20歳 「俳句文学」同人となり、左部赤城子に師事する。
日中戦争始まる
昭和13年 (1938) 21歳 「事変俳句川柳一万句集」に「戦捷の灯の濤について月をみず」の句が入選する。
昭和16年 (1941) 24歳 左部赤城子が急死、以後、短歌、童話に情熱を傾ける。短歌は「言霊」主宰の岡本明に師事する。
太平洋戦争始まる
昭和17年 (1942) 25歳 長姉嘉子の影響もあり、キリスト教の洗礼を受ける。このころ、大阪製図学校より通信授業を受ける。
昭和18年 (1943) 26歳 病気は一進一退、仕事をしては発熱、喀血する状態を繰り返す。長姉嘉子の嫁いだ三戸家が翠町に移り、父とともに同居する。「編隊機大落暉より帰りくる」の句が朝日新聞社賞を受ける。
昭和19年(1944) 27歳 次姉千栄子の嫁いだ今井家(横浜市「城南航器」経営)に父とともに移る。
昭和20年(1945) 28歳 4月横浜空襲で「城南航器」が全焼、6月に広島市皆実町の三戸家に同居。
8月6日三戸家にて被爆(爆心より約3km)し、ガラスの破片で負傷する。
捜索と救助のため市内を歩き、原爆症のため糸崎の日赤療院に入院。9月退院。10月広島にて友人と露店の花屋「みどり洋花店」をはじめる。
この年童話「百足競争」などを書く。
ポツダム宣言受諾・終戦
昭和21年(1946) 29歳 広島音楽連盟、広島青年文化連盟などの活動に参加。広島青年文化連盟の機関紙「探求」(4月創刊)の編集発行人となり、7月同連盟委員長に就任。8月貸本屋「白楊書房」を開店(翌年3月まで)。この頃、原田和子(のちの妻)と出会う。この年童話「虹」、小説「遠雷」を書く。
日本国憲法公布
昭和22年(1947) 30歳 二・一ゼネスト支持倒閣国民大会への在広文化団体の結集に尽力する。2月広島県庁社会課に就職、憲法普及運動にたずさわる。7月児童雑誌「銀の鈴」から童話「百足競争」の原稿料を受け取る。童話「ドッジボール」、小説「鏡占い」などを書く。12月原田和子と結婚。
妻 和子と峠三吉妻 和子と峠三吉
昭和23年(1948) 31歳 1月「夕刊ひろしま」の生活の詩欄の選者となる。県庁退職後、瀬戸内海 文庫に入り、雑誌「ひろしま」編集長となる(8月退社)。広島詩人協会の結成に参加、「地核」(6月創刊) の編集を担当。11月国立広島療養所へ入院、肺結核と診断されていた病気が気管支拡張症であると判明。
昭和24年(1949) 32歳 2月新日本文学会に入る。広島県庁施設農協連に就職(6月退職)。4月喀血、病床の中、日本共産党に入党。日本製鋼所広島工場の首切り反対闘争に参加し、「怒りのうた」、「共闘の誓い」を発表する。広島地方文学サークル協議会の中心的存在として活動、10月「われらの詩の会」を結成し、代表となる。
中華人民共和国成立
昭和25年(1950) 33歳 1月新日本文学会・詩委員会「新日本詩人」の全国編集委員に推される。深川宗俊とともに「反戦詩歌人集団」を結成し、『反戦詩歌集』第1集(5月)・第2集(8月)を発行する。丸木位里、赤松俊子作「原爆の図」三部作展を開く。8月6日、非合法下の八・六平和大会に参加する。父嘉一亡くなる。12月国立広島療養所へ入院、所内の小説、詩のグループを指導する。
丸木位里と峠三吉丸木位里と峠三吉
朝鮮戦争起こる
昭和26年(1951) 34歳 8月作品をまとめ、孔版印刷『原爆詩集』(500部)を発行。ベルリン世界青年学生平和祭参加作品として送る。11月上京、『原爆詩集』合評会へ出席する。
昭和27年(1952) 35歳 3月新日本文学全国大会出席のため上京中、列車内で喀血。静岡日赤病院に入院。6月『原爆詩集』(青木文庫)出版。原爆の詩編纂委員会を結成し、『原子雲の下より』を出版。9月映画「ひろしま」の現地協力委員になる。「原爆被害者の会」結成に奔走、基金募集のため活動する。11月広島で開かれた「世界連邦アジア会議」に土居(栗原)貞子とともにメッセージを持ちこみ、大会宣言で採択させる。12月『日本ヒューマニズム詩集』第1集の読者投票で詩「墓標」が第1位となる。
昭和28年(1953) 36歳 2月創作活動・社会活動に耐えうる健康な身体を確実にするための手術を決意。
国立広島療養所に入院。肺葉切除手術途中、3月10日未明死亡。
峠三吉

 

↑ページの先頭へ