月間予定

中央図書館

図書館のもよおしもの(12月分)

行事

行事名 2017 Hiroshima Active Library 協働事業
「だれもが暮らしやすい社会に~みて、しって、かんがえる。12/3~12/9は、障害者週間です。~」
【講演会】午前の部:「福祉作業所の挑戦」
【講演会】午後の部:「障がい者アートの今とその魅力を伝える」
日時 午前の部:12月3日(日)10:00~12:00
午後の部:12月3日(日)14:00~16:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
講師 午前の部:社会福祉法人もみじ福祉会 理事長 井上 一成氏
午後の部:NPO法人コミュニティリーダーひゅーるぽん 理事長 川口 隆司氏
対象 どなたでも
内容 午前の部:地域で暮らす、ふつうに、あたりまえに。福祉作業所の取組についてお話しいただきます。
午後の部:感動、驚き、不思議...。障害のある人の作品紹介を通して、その魅力や可能性についてお話しいただきます。さらに制作者による「ライブドローイング」もあります。
定員 それぞれ40名(申込不要)
行事名 2017 Hiroshima Active Library 協働事業
「だれもが暮らしやすい社会に~みて、しって、かんがえる。12/3~12/9は、障害者週間です。~」
【製品販売会】
日時 1回目/12月5日(火)10:30~15:30 
2回目/12月7日(木)10:00~15:00
3回目/12月8日(金)10:00~15:00
場所 中央図書館 2階 展示ホール前通路
内容 1回目/「 NPO法人コミュニティリーダーひゅーるぽん」で製作された、「障がい者アート」を活用したポストカードなどの製品を職員と製作者が販売します。
2回目/「社会福祉法人もみじ福祉会」で製作された、クッキーなどの製品を職員と作業所の利用者が販売します。
3回目/ノートなど、「Peace Art(ピースアート)」商品を販売します。
行事名 2017 Hiroshima Active Library 協働事業
「だれもが暮らしやすい社会に~みて、しって、かんがえる。12/3~12/9は、障害者週間です。~」
【バリアフリー図書&読書支援機器体験会】
日時 12月9日(土)10:00~15:00
場所 中央図書館 2階 展示ホール前通路
対象 どなたでも
内容 マルチメディアデイジー図書等の録音図書や拡大読書器等の読書支援機器・補助具の紹介と体験会。
また、中央図書館自由閲覧室Bで、図書展示「バリアフリー図書でひろがる読書の世界」として、デイジー図書などの録音図書や布の絵本、点訳絵本、LLブック(やさしく読める本)などのバリアフリー図書を展示します。
定員 ありません
申込 不要
行事名 ビジネス相談会
日時 12月9日(土)12:00~17:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
相談員 中小企業診断協会の中小企業診断士、広島県信用保証協会の職員
対象 起業・経営について相談のある方
内容 起業・経営についての相談会(中小企業診断士との面談)
定員 5名(1人1時間以内 要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはビジネス相談会申込フォームで申込
行事名 広島市立図書館・広島大学図書館連携事業
平成29年度 連携講演会
日時 12月17日(日)10:00~12:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
講師 ①「「平成の大合併」のその後-例として議員定数を考えてみよう-」
伊藤 敏安氏(広島大学大学院社会科学研究科教授・附属地域経
済システム研究センター長)
②「西晋一郎(広島高等師範教授)の倫理思想を通して生き方と平和を学ぶ」
衛藤 吉則氏(広島大学大学院文学研究科教授)
対象 一般
内容 地域経済学が専門の伊藤敏安氏による「「平成の大合併」のその後-例として議員定数を考えてみよう-」と、シュタイナー思想や教育倫理学、近代日本思想について研究されている衛藤吉則氏による「西晋一郎(広島高等師範教授)の倫理思想を通して生き方と平和を学ぶ」の講演会を行います。
定員 60名(要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはホームページの専用申込フォームで申込
申込フォームでお申し込みの場合は、参加行事名の欄に「連携講演会」とご記入ください。

展示

テーマ 企画展「図書館で防災・減災を考える」
期間 12月9日(土)~2月12日(月・祝)
場所 中央図書館 2階 展示ホール
対象 一般
内容 地震、土砂災害など災害の経験と教訓から学び、防災・減災について考えることができる写真や資料を展示します。
テーマ 2017 Hiroshima Active Library 協働事業
「だれもが暮らしやすい社会に~みて、しって、かんがえる。12/3~12/9は、障害者週間です。~」
【パネル展示】
期間 12月3日(日)~12月9日(土)
場所 中央図書館 2階 展示ホール前通路
内容
  • 障害のある人が作成した観光ポスターに使用された作品の展示や障害のある人の活動の様子を表した写真を展示します。
  • 期間中の関連イベントや関連団体等の紹介、リーフレットやチラシ等を配布します。
テーマ 2017 Hiroshima Active Library 協働事業
「だれもが暮らしやすい社会に~みて、しって、かんがえる。12/3~12/9は、障害者週間です。~」
【ミニ展示】
期間 12月3日(日)~12月9日(土)
場所 中央図書館 自由閲覧室A
内容 障害の特性に関する図書や当事者や家族が書いた手記等、図書館が所蔵する資料を展示します。

図書館のもよおしもの(1月分)

行事

行事名 ビジネス相談会
日時 1月13日(土)12:00~17:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
相談員 中小企業診断協会の中小企業診断士、広島県信用保証協会の職員
対象 起業・経営について相談のある方
内容 起業・経営についての相談会(中小企業診断士との面談)
定員 5名(1人1時間以内 要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはビジネス相談会申込フォームで受付中
行事名 創業アカデミー2
~事業計画であなたの夢を叶えよう!~(全4回)
※申込受付は終了しました
場所 中央図書館 3階 セミナー室
対象 広島市内でこれから創業しようと考えている人
内容 創業のために必要な事業計画(事業概要、商品計画、販売計画、資金計画)の作成等について、講義及び演習形式で4日間にわたって学ぶセミナー
受講料 4,000円(初回、受付時にお支払いください)
定員 20名(要申込・先着順)
日時・講師 (1日目)1月14日(日)9:30~16:30
「事業計画は見える化できれば失敗しない」
(株)創研 代表取締役 西原 裕 氏
(2日目)1月21日(日)9:30~11:30
「消費トレンドと店づくりの着眼点」
(株)カエルカンパニー 代表取締役 岡崎 美紀子 氏
(2日目)1月21日(日)12:30~16:30
「魅せる商品と売れる商品の商品計画」
(株)創研 代表取締役 西原 裕 氏
(3日目)1月28日(日)9:30~11:30
「創業時の手続や法律に関する基礎知識」
橋口司法書士事務所所長 橋口 貴志 氏
(3日目)1月28日(日)12:30~16:30
「儲かる事業と儲からない事業の販売計画」
(株)創研 代表取締役 西原 裕 氏
(4日目)2月4日(日)9:30~10:30
「資金計画のポイントと公庫の融資制度」
(株)日本政策金融公庫 広島支店 中国創業支援センター職員
(4日目)2月4日(日)10:30~16:30
「金融担当者も思わず!納得する事業計画策定スキル」
(株)創研 代表取締役 西原 裕 氏
申込

広島市中小企業支援センターへ次のいずれかの方法で申込
(1)広島市中小企業支援センターに申込書を郵送またはFAXする
(2)同センターのホームページから申し込む

広島市中小企業支援センター
〒733ー0834 広島市西区草津新町一丁目21-35広島ミクシス・ビル内
TEL:082-278-8032
FAX:082-278-8570
ホームページ(URL:http://www.assist.ipc.city.hiroshima.jp/

行事名 企画展「図書館で防災・減災を考える」関連講座
『大切な人を守る災害への備え』
日時 1月20日(土)10:30~12:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
講師 広島市危機管理室 職員
対象 どなたでも
内容 災害についての基本情報や、自分に必要な災害時の対応などを、広島市危機管理室職員よりお話いただきます。
定員 60名(要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはホームページの専用申込フォームで申込
※1月5日(金)9:00~受付開始

展示

テーマ 企画展「図書館で防災・減災を考える」
期間 平成29年12月9日(土)~平成30年2月12日(月・祝)
場所 中央図書館 2階 展示ホール
対象 一般
内容 地震、土砂災害など災害の経験と教訓から学び、防災・減災について考えることができる写真や資料を展示します。