新着情報

国立国会図書館の「歴史的音源(れきおん)」が利用できるようになりました

カテゴリー:こども図書館、中央図書館
記事分類:お知らせ更新日:2020年7月 1日

「歴史的音源」とは、1900年初頭から1950年頃までに、国内で製造されたSP盤及び金属原盤等に収録された音楽・演説等の音源を、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)が、デジタル化したものです。国立国会図書館では,約5万点の音源を、館内で提供するとともに、著作権・著作隣接権保護期間を満了したものについては、インターネット上で聴くことができます。
広島市立図書館では、国立国会図書館が提供する「歴史的音源の公立図書館等への配信提供サービス」に参加しており、国立国会図書館館内限定公開音源を聴くことができます。
広島市立図書館のうち中央図書館および 5-Daysこども図書館(広島市こども図書館)の2館で利用できます。ぜひご活用ください。

こちらからチラシをご覧いただけます[PDF:438KB]

国立国会図書館 「歴史的音源(れきおん)」のご利用について

収録されている音源

落語、長唄、器楽(ギター、琴、尺八等)、歌劇、浄瑠璃、浪花節、歌謡曲、ジャズ、講演、等、さまざまなものが含まれています。音源提供者は、日本放送協会(NHK)、日本コロムビア、ビクターエンタテインメント、キングレコード、テイチクエンタテインメント、ユニバーサルミュージック(EMIミュージック・ジャパンを含む)(順不同)です。

利用するには

下記の利用できる図書館のカウンターで「歴史的音源利用申込書」に記入の上、お申込みください。(無料)

日時

令和2年7月1日(水)から

場所

中央図書館 3階 参考閲覧室(データベース専用端末)

5-Daysこども図書館(広島市こども図書館) 2階 しらべるへや(インターネット共用端末)

問い合わせ先

広島市立中央図書館
〒730-0011
広島市中区基町3番1号
TEL 082-222-5542
FAX 082-222-5545