資料詳細

原田 信男/著 -- 平凡社 -- 2014.4 -- 163

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/163/はら/モ 180252632T 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 神と肉
副書名 日本の動物供犠
シリーズ 平凡社新書
著者名 原田 信男 /著  
出版者 平凡社
出版年 2014.4
ページ数等 252p
大きさ 18cm
分類 163  
内容紹介 近代以前も日本人は肉を食べ、神に肉を供えてきた。中国、朝鮮、沖縄の事例を参照しながら、米の豊作のためにこそ野獣や家畜を神に供える儀礼を続けてきた、もうひとつの日本を探り当てる。
著者紹介 1949年栃木県生まれ。明治大学大学院文学研究科博士課程退学。博士(史学)。国士舘大学21世紀アジア学部教授。「江戸の料理史」でサントリー学芸賞を受賞。 
内容注記 文献:p232~248
テーマ 生贄 , 宗教-日本  
ISBN 4-582-85730-6 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥860
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103607951