新着情報

講座「広島藩お抱え絵師 岡岷山の日記と絵図で辿る峡谷、秘湯の旅」

カテゴリー:南区図書館
記事分類:イベント更新日:2016年9月21日

岡岷山(おか びんざん)の「都志見往来日記・同諸勝図」をご存じですか。
「都志見往来日記・同諸勝図」とは、広島藩士で絵師としても活躍した岡岷山が、寛政9年(1797年)に広島城下から五日市、湯来、筒賀、加計を経由して北広島町都志見の駒ケ滝を見て、安芸太田町澄合から川船で城下に戻った7泊8日の旅の記録を日記と風景写生の2冊にまとめたものです。
この本の現代語訳のテキスト「岡岷山の日記と絵図」をめくりながら、湯の山・湯来を中心に江戸時代寛政期の広島をたどってみませんか。

あわせて、10月5日(水)~10月22日(土)に南区図書館館内において、パネル展示「広島藩お抱え絵師 岡岷山をご存知ですか!!」を行います。こちらもぜひご覧ください。

こちらからチラシをご覧いただけます [PDF:592KB]

日時

平成28年10月22日(土) 14:00~15:30

場所

南区民文化センター 3階 大会議室A

講師

佐々木 章 さん(郷土史家・別府大学文学部非常勤講師)

定員

50名(要申込・先着順)

対象

どなたでも

申込

電話か来館で南区図書館へお申込みください。10月1日(土)午前9時から受付開始

主催

広島市立南区図書館

共催

広島市立佐伯区図書館湯来河野閲覧室

申し込み先・問い合わせ先

広島市立南区図書館
〒732-0816
広島市南区比治山本町16-27
TEL 082-251-1080
FAX 082-252-4120