資料詳細

櫻井 よしこ/〔ほか述〕 -- 産経新聞出版 -- 2018.4 -- 210.762

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
佐伯区 一般 /210.7/さく/ 980104740X 一般書 可能 貸出中

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
佐伯区 1 1 0

資料詳細

タイトル 新・東京裁判論
副書名 GHQ戦争贖罪計画と戦後日本人の精神
著者名 櫻井 よしこ /〔ほか述〕, 国士舘大学極東国際軍事裁判研究プロジェクト /著  
出版者 産経新聞出版
出版年 2018.4
ページ数等 229p
大きさ 19cm
分類 210.762  
内容紹介 GHQの戦争贖罪宣伝計画「ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム」が今なお残す爪跡を、日本を代表するジャーナリスト、研究者らが解き明かす。2017年国士舘大学で開催されたシンポジウムの記録を書籍化。
著者紹介 ベトナム生まれ。米ハワイ州立大学歴史学部卒業。ジャーナリスト。「エイズ犯罪血友病患者の悲劇」で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。 
テーマ 日本-歴史-昭和時代(1945年以後) , 占領政策-日本 , 極東国際軍事裁判(1946~1948)  
ISBN 4-8191-1335-9 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1300
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110240152

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
戦後日本と日本人の意識 櫻井 よしこ/述 15-32
「東京裁判」論の今日的意義 篠原 敏雄/述 33-63
東京裁判と現在のマスメディア 阿比留 瑠比/述 65-89
戦後教育の原点・WGIPの検証 高橋 史朗/述 91-127
WGIPと日本国憲法 西 修/述 129-152
大東亜戦争は昭和20年夏に終わらなかった 加瀬 英明/述 153-177
「東京裁判」論の新たな地平へ 179-225