資料詳細

長野 正孝/著 -- PHP研究所 -- 2015.1 -- 210.3

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 3 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/210.3/なが/モ 180268051V 一般書 可能 利用可
東区 一般 /210.3/なが/ 480094074- 一般書 可能 貸出中
佐伯区 一般 /210.3/なが/ 9800835594 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1
東区 1 1 0
佐伯区 1 0 1

資料詳細

タイトル 古代史の謎は「海路」で解ける
副書名 卑弥呼や「倭の五王」の海に漕ぎ出す
シリーズ PHP新書
著者名 長野 正孝 /著  
出版者 PHP研究所
出版年 2015.1
ページ数等 282p
大きさ 18cm
分類 210.3  
内容紹介 「海を渡る術」に着目して古代史を点検すれば、日本人の歴史が見えてくる。卑弥呼と邪馬台国をはじめ、応神帝の「海運業」や「大化の改新」などの謎を、港湾や運河の建造に長年従事してきた著者が解き明かす。
著者紹介 1945年生まれ。名古屋大学工学部卒業。工学博士。水辺観光アドバイザー。元国土交通省港湾技術研究所部長。ライフワークは海洋史、土木史研究。著書に「運河物語」など。 
内容注記 文献:p279~282
テーマ 日本-歴史-古代 , 海運-日本  
ISBN 4-569-82351-5 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥880
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103682470

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第10章 古代史最大の謎 雄略帝の瀬戸内海啓開作戦 169p~192p