資料詳細

内田 樹/著 -- ミシマ社 -- 2020.9 -- 304

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
東区 一般 /304/うち/ 480127317X 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
東区 1 0 1

資料詳細

タイトル 日本習合論
著者名 内田 樹 /著  
出版者 ミシマ社
出版年 2020.9
ページ数等 293p
大きさ 19cm
分類(9版) 304  
分類(10版) 304  
内容紹介 外来のものと土着のものが共生するとき、私たちの創造性はもっとも発揮される-。「習合」という概念を手がかりにして、共同体から民主主義、農業、宗教、働き方まで日本文化の諸相を論じ、その問題点と可能性を看破する。
著者紹介 1950年東京生まれ。東京都立大学大学院博士課程中退。神戸女学院大学名誉教授。専門はフランス現代思想、武道論、教育論、映画論など。「凱風館」主宰。「日本辺境論」で新書大賞受賞。 
ISBN 4-909394-40-8 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1800
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110453640