資料詳細

飛ケ谷 美穂子/著 -- 慶應義塾大学出版会 -- 2017.12 -- 910.268

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/910.2/なつ/ 180332063Q 一般書 可能 貸出中

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 1 0

資料詳細

タイトル 漱石の書斎
副書名 外国文学へのまなざし 共鳴する孤独
著者名 飛ケ谷 美穂子 /著  
出版者 慶應義塾大学出版会
出版年 2017.12
ページ数等 6,279,11p
大きさ 20cm
分類 910.268  
内容紹介 漱石はいかにして外国文学を読み、傑作をうみだしていったのか。ピーコック、ブラウニングなど、漱石の蔵書を手がかりに作品を読み解き、〈東洋と西洋〉〈影響と受容〉という二項対立を超えた、その〈現代性〉を明らかにする。
著者紹介 札幌市生まれ。慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了。近代文学研究者。日本比較文学会理事。著書に「漱石の源泉」など。 
ISBN 4-7664-2490-4 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥2500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110212887

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第一章 漱石文庫をたずねて
第二章 英学から英文学へ
第三章 奇人たちの饗宴
第四章 ロンドンの異邦人たち
第五章 江藤淳『漱石とアーサー王伝説』の虚構と真実
第六章 『三四郎』とブラウニング
第七章 《趣味の審判者》の系譜
第八章 『行人』とヴァルター・カレ