資料詳細

村田 充八/著 -- 晃洋書房 -- 2017.3 -- 191.7

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/191.7/むら/ヨ 180314968/ 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル キリスト教と社会学の間
副書名 宗教と社会倫理論集
シリーズ 阪南大学叢書
著者名 村田 充八 /著  
出版者 晃洋書房
出版年 2017.3
ページ数等 16,347,10p
大きさ 22cm
分類 191.7  
内容紹介 キリスト教の視座から、現実の社会、宗教社会、キリスト教等の宗教について考察した論文を集成。「教育と社会学」など、一貫して社会学を学んできた著者の、社会をより中立的にみようとする論点にもとづいた全7編を収録する。
著者紹介 1951年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学研究科博士課程後期課程単位取得退学(社会倫理学・宗教社会学専攻)。阪南大学国際コミュニケーション学部教授。著書に「宗教の発見」など。 
テーマ キリスト教倫理 , 社会道徳  
ISBN 4-7710-2853-1 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥5200
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110150127

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第Ⅰ部 キリスト教と社会学の間
第Ⅱ部 宗教と社会倫理の間