資料詳細

小田部 雄次/著 -- 吉川弘文館 -- 2016.5 -- 392.1

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 2 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/392.1/おた/ユ 1802984661 一般書 可能 利用可
安芸区 一般 /392/おた/ 6800824982 一般書 可能 貸出中

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1
安芸区 1 1 0

資料詳細

タイトル 大元帥と皇族軍人
巻次 明治編
シリーズ 歴史文化ライブラリー
著者名 小田部 雄次 /著  
出版者 吉川弘文館
出版年 2016.5
ページ数等 6,260p
大きさ 19cm
分類 392.1  
内容紹介 戊辰戦争から日清・日露戦争などを経る中、天皇は大元帥に、その血族である皇族は軍人となった。軍人としての天皇や皇族、華族軍人や朝鮮王公族の動向を追い、天皇制軍隊の創設にどう貢献をしてきたのかを解明する。
著者紹介 1952年東京都生まれ。立教大学大学院文学研究科博士課程後期単位取得退学。静岡福祉大学社会福祉学部教授。著書に「梨本宮伊都子妃の日記」「華族」「昭和天皇実録評解」など。 
テーマ 軍人 , 天皇 , 皇族  
テーマ 日本-歴史-明治時代  
ISBN 4-642-05824-7 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1800
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110058203