資料詳細

セーレン・キェルケゴール/著 -- 講談社 -- 2016.4 -- 139.3

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 2 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/139.3/きー/ユ 180297338+ 一般書 可能 利用可
安佐北 一般 /139/きえ/ 380089600Y 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1
安佐北 1 0 1

資料詳細

タイトル キェルケゴールの日記
副書名 哲学と信仰のあいだ
著者名 セーレン・キェルケゴール /著, 鈴木 祐丞 /編訳  
出版者 講談社
出版年 2016.4
ページ数等 283p
大きさ 20cm
分類 139.3  
内容紹介 人間にとって宗教とは何か? 自らの信仰のあり方をめぐって思索と苦闘を続けた19世紀デンマークの哲学者・キェルケゴール。彼が生涯に書き残した厖大な日記を読み解き、新たなキェルケゴール像とその今日的意義を問う。
著者紹介 1813~55年。デンマークの哲学者。実存主義哲学の祖とも位置づけられる。著書に「あれか、これか」「死にいたる病」など。 
ISBN 4-06-219519-5 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1900
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110057623