資料詳細

本多 隆成/著 -- 清文堂出版 -- 2014.8 -- 682.15

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/682.1/ほん/モ 180260354T 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 近世の東海道
著者名 本多 隆成 /著  
出版者 清文堂出版
出版年 2014.8
ページ数等 6,307p
大きさ 20cm
分類 682.15  
内容紹介 日本における東西交通の大動脈である東海道。近世の東海道について、これまでの研究成果を踏まえ、「宿と街道の諸相」「助郷制の成立と展開」「東海道を旅した人々」などの5つの側面から、史料的な根拠を明示して概説する。
著者紹介 1942年大阪市生まれ。大阪大学文学博士学位取得。放送大学静岡学習センター所長などを経て、静岡大学名誉教授。著書に「初期徳川氏の農村支配」「近世東海地域史研究」など。 
内容注記 文献:p299~304
テーマ 東海道 , 日本-歴史-江戸時代  
ISBN 4-7924-1018-6 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥2500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103645551