資料詳細

積山 洋/著 -- 新泉社 -- 2014.8 -- 210.34

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/210.3/せき/モ 1802597601 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 東アジアに開かれた古代王宮・難波宮
シリーズ シリーズ「遺跡を学ぶ」
著者名 積山 洋 /著  
出版者 新泉社
出版年 2014.8
ページ数等 92p
大きさ 21cm
分類 210.34  
内容紹介 「大化改新」という国制変革で造営された飛鳥時代の難波宮。聖武天皇が再建した奈良時代の副都難波宮。発掘調査によって明らかになった、「幻の宮」の予想を超える壮麗な姿を紹介する。
著者紹介 1953年大阪府生まれ。大阪市立大学文学部史学地理学科卒業。大阪市博物館協会大阪文化財研究所学芸員。博士(文学)。著書に「古代の都城と東アジア」など。 
内容注記 文献:p91~92
テーマ 難波宮  
ISBN 4-7877-1335-3 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103639429