資料詳細

揖斐 高/著 -- 中央公論新社 -- 2014.6 -- 121.54

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/121.5/いびC/ 180256497% 一般書 可能 貸出中

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 1 0

資料詳細

タイトル 江戸幕府と儒学者
副書名 林羅山・鵞峰・鳳岡三代の闘い
シリーズ 中公新書
著者名 揖斐 高 /著  
出版者 中央公論新社
出版年 2014.6
ページ数等 4,254p
大きさ 18cm
分類(9版) 121.54  
分類(10版) 121.54  
内容紹介 林家は、朱子学者・林羅山を始祖とする江戸幕府に仕えた儒官の家柄である。初代羅山・二代鵞峰・三代鳳岡は、歴代将軍の寵用と冷遇に翻弄されながらも、江戸期朱子学の確立に奔走した。彼らの150年の闘いと事績を描く。
著者紹介 1946年福岡県生まれ。成蹊大学文学部特任教授。「江戸詩歌論」で第50回読売文学賞(研究・翻訳部門)、「近世文学の境界」で第18回やまなし文学賞・第32回角川源義賞受賞。 
内容注記 文献:p243~246 林家三代略年表:p247~254
ISBN 4-12-102273-8 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥860
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103626930