資料詳細

池上 英洋/著 -- 筑摩書房 -- 2014.3 -- 702.3

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 8 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
こども 自由 /700/い/ 280081506U 児童書 可能 利用可
安佐北 児童 /70/イ/ 380076663$ 児童書 可能 利用可
東区 一般 /702/いけ/ 480087193/ 一般書 可能 利用可
安佐南 児童 /70/イ/ 580088841% 児童書 可能 利用可
安芸区 一般 /702/いけ/ 6800699072 一般書 可能 利用可
南区 一般 /702/いけ/ 780074713. 一般書 可能 利用可
佐伯区 一般 /702/いけ/ 9800776352 一般書 可能 利用可
なか区 一般 N/702/いけ/ 080083172T 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
こども 1 0 1
安佐北 1 0 1
東区 1 0 1
安佐南 1 0 1
安芸区 1 0 1
南区 1 0 1
佐伯区 1 0 1
なか区 1 0 1

資料詳細

タイトル 西洋美術史入門
巻次 実践編
シリーズ ちくまプリマー新書
著者名 池上 英洋 /著  
出版者 筑摩書房
出版年 2014.3
ページ数等 201p 図版16p
大きさ 18cm
分類 702.3  
内容紹介 美術品の「物理的側面」と「精神的側面」を鑑賞し、その社会性を読み解く、これが美術史の実践。エジプト美術から現代絵画まで多くの実践例を紹介する。2012年刊「西洋美術史入門」の続編。
内容抜粋 美術品には、色や素材といった「物理的側面」と、描かれた意味や作品が持つ歴史性、そして観る人との関係といった「精神的側面」という、味わうべき対象がふたつあります。美術品の両面をいかに鑑賞するか、そして、そこにある社会性をいかに読み解くかという「美術史の実践」の方法と実例を紹介します。
著者紹介 1967年広島県生まれ。東京芸術大学大学院修士課程修了。東京造形大学准教授。専門はイタリアを中心とした西洋美術史・文化史。著書に「死と復活」「神のごときミケランジェロ」など。 
内容注記 文献:p192~198
テーマ 美術-歴史  
ISBN 4-480-68913-9 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥950
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103594120

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
はじめに
第1章 ひとつの作品をじっくりと読んでみよう
第2章 美術作品の何を見るか-一次調査と「主題と社会」
第3章 さまざまな視点-美術品と社会の関わりをみる実践例から
第4章 まとめ-より深い鑑賞のために
おわりに
サンティニャーツィオ教会の天井画
四つの大陸のイメージ
イエズス会による世界伝道
いつ、どこで、絵を見るか
だまし絵のクーポラ
ヴァーチャルな設計図
制作以前に起こったことがら
制作動機と主題選択
美術作品とはなにか
「いつ、どこで、誰が」
年代と帰属の決め方
様式による分析
何が描かれているか-主題の決定
図像の「社会性」
1 比較からわかること-ツタンカーメンとネフェルティティ
多神教と一神教-美術における聖性と写実性
2 絵画はどのように見られたか-鑑賞方法が生み出す違い
絵巻と壁画の鑑賞方法の違い/小さすぎる足の理由/死せるキリストの見せ方-頭を垂れるキリスト像/聖痕のシンボリズム/舞台背景画のふたつのタイプ/王の視点から民の視点へ
3 どこまでが作品か-修復や保存の場面から考える
あらわれたふたつの顔-カマッジョーレの修復のケース/消された顔-修復はどうあるべきだったか/木の文化と石の文化-風土と社会/素材とデザイン-東西における「オリジナリティ」の違い
4 様式と社会-世紀末のジャポニスム
シノワズリー、ジャポネズリーとジャポニスム/ゴッホはいつからジャポニスム画家となったか/クリムトのジャポニスム
5 美的価値と社会-ナポレオンとナチス・ドイツ
ナポレオンの宣伝画家/アカデミズムの象徴となったラファエッロと、その失墜/ナポレオン戦争とルーヴル美術館の拡大/ウィーン会議と返還交渉-カノーヴァの東奔西走/おしつけられる価値観/奪われる美術品-戦争と所有者/作品は誰のものか
一枚の絵を前にして、何をすべきか
推薦文献と参考資料