資料詳細

末木 新/著 -- 東京大学出版会 -- 2013.6 -- 368.3

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/368.3/すえ/メ 180225427V 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル インターネットは自殺を防げるか
副書名 ウェブコミュニティの臨床心理学とその実践
著者名 末木 新 /著  
出版者 東京大学出版会
出版年 2013.6
ページ数等 7,209p
大きさ 22cm
分類 368.3  
内容紹介 インターネットを介したコミュニケーションを、自殺予防に活かすことができるのか。自殺関連サイトの予防的側面に着目し、自らウェブサイトを立ち上げながらネット時代の臨床心理学の研究と実践を試みる。
著者紹介 1983年東京都生まれ。東京大学大学院教育学研究科博士課程修了。博士(教育学)。和光大学現代人間学部専任講師。臨床心理士。 
内容注記 文献:p189~203
テーマ 自殺 , インターネット  
ISBN 4-13-011138-6 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥4000
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103522245

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第1部 自殺とインターネットの関連
第2部 オンライン相互援助グループ運営に向けたウェブサイトの構築
第3部 オンライン相互援助グループの影響
第4部 オンライン相互援助グループの問題点
第5部 総合的な考察と今後の課題
第1章 自殺予防におけるインターネットの可能性
第2章 インターネットと自殺に関する先行研究
第3章 インターネット・コミュニケーションに関する諸理論
第4章 本書の目的と構成
第5章 インターネットで利用された自殺関連語の特性〈研究1〉
第6章 自殺関連行動と検索エンジン利用の関連〈研究2〉
第7章 自殺予防サイトの閲覧の影響〈研究3〉
第8章 自殺系掲示板の利用動機の類型とその影響〈研究4〉
第9章 書き込みの自殺予防効果の評価〈研究5〉
第10章 自殺系掲示板の持つ自殺予防効果の構造〈研究6〉
第11章 自殺系掲示板の問題点:利用者調査〈研究7〉
第12章 自殺系掲示板の問題点:管理者調査〈研究8〉
第13章 総括と今後の課題