資料詳細

刑部 芳則/著 -- 吉川弘文館 -- 2012.12 -- 210.098

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/210.0/おさ/メ 1802478962 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 明治国家の服制と華族
著者名 刑部 芳則 /著  
出版者 吉川弘文館
出版年 2012.12
ページ数等 8,386,16p
大きさ 22cm
分類 210.098  
内容紹介 維新後に導入された和装から洋装へという明治国家の新しい服制は、どのような過程を経て創設されたのか。服制改革や麝香間祗候などに光を当て、服制の変化と華族階層における役割意識の違いを検討し、明治国家の本質を探る。
著者紹介 1977年東京生まれ。中央大学大学院文学研究科博士課程修了学位取得。日本大学商学助教。博士(史学)。著書に「洋服・散髪・脱刀」がある。 
テーマ 装束 , 華族 , 日本-歴史-明治時代  
ISBN 4-642-03816-4 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥12000
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103467568

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序章 服制と華族の研究状況と課題
Ⅰ 明治国家の服制形成
第一章 維新政府の服制論議
第二章 服制改革の実施
第三章 明治天皇の服制改革
第四章 服制改革の反動
第五章 階級秩序の制度的完成
Ⅱ 華族の役割意識
第一章 華族会館の設立と展開
第二章 麝香間祗候の政治運動
第三章 華族への期待と資質
第四章 華族の政治的役割と文化的役割
第五章 麝香間祗候の歴史編纂事業
終章 明治国家の服制と華族
一 服制と華族の研究史
二 服制と華族の研究意義
三 本書の視角と構成
はじめに
一 公家と武家の服装観
二 服制考案と服制論議
三 藩士の帯刀意識
四 服制統一論の展開
五 四民平等の萌芽
六 維新官僚の服装観と服制改革
おわりに
はじめに
一 岩倉使節と洋式礼服の必要性
二 太政官左院の大礼服制調査と岩倉使節
三 文官大礼服の着用問題
四 大礼服制と祭服
おわりに
はじめに
一 天皇の生活習慣と宮中刷新
二 天皇の洋装と可視化
三 服制と服装の二面性
おわりに
はじめに
一 島津久光の服制構想
二 府県の散髪・脱刀政策
三 帯刀禁止令の実施
四 華族の直垂代用
五 久邇宮朝彦親王の祭服着用
おわりに
はじめに
一 勲章制度の創出と叙勲対象論議
二 文官大礼服制の弊害
三 新華族の創設と位階の存続
四 大礼服制の整備
五 華族制度と麝香間祗候
おわりに
はじめに
一 華族会議構想の挫折
二 通款社と麝香間祗候の統合
三 華族会館の設立と規則案の修正
四 華族会館設立後の紛糾
おわりに
はじめに
一 麝香間祗候の政治的結集
二 左大臣島津久光への期待
三 立憲制創始と麝香間祗候の動揺
おわりに
はじめに
一 京都華族の政治的覚醒
二 京都華族の生活
三 学習院分院設置請願と会館改革問題
おわりに
はじめに
一 華族会館改革案の創出
二 麝香間祗候の文化的結集
三 金曜会と会館議員の要望
四 会館紛糾の拡大と収束
おわりに
はじめに
一 「公事録」編纂事業の創出
二 「徳川礼典録」編纂事業
三 岩倉具視の宮中儀礼構想
四 島津久光と事蹟編纂
おわりに
一 明治国家の服制形成
二 華族の役割意識