資料詳細

武田 邦彦/著 -- 朝日新聞出版 -- 2011.4 -- 543.5

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 5 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/543.5/たけ/ミ 1801568451 一般書 可能 利用可
安佐南 一般 /543/たけ/ 580071735- 一般書 可能 利用可
安芸区 一般 /543/たけ/ 680048008Y 一般書 可能 利用可
佐伯区 一般 /543/たけ/ 980052846% 一般書 可能 利用可
湯来閲覧 一般 /543/たけ/ Y800120079 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1
安佐南 1 0 1
安芸区 1 0 1
佐伯区 1 0 1
湯来閲覧 1 0 1

資料詳細

タイトル 原発事故残留汚染の危険性
副書名 われわれの健康は守られるのか
著者名 武田 邦彦 /著  
出版者 朝日新聞出版
出版年 2011.4
ページ数等 159p
大きさ 19cm
分類 543.5  
内容紹介 原発事故でもっとも危険なのは残留放射線である…。福島原発事故が起きた原因を明らかにし、事故の問題点を指摘するとともに、どうすれば身を守れるのかを考える。
著者紹介 1943年東京生まれ。東京大学教養学部基礎学科卒。工学博士。環境学者。中部大学教授。著書に「環境問題はなぜウソがまかり通るのか」「偽善エコロジー」など。 
テーマ 福島第一原子力発電所事故(2011)  
ISBN 4-02-250873-7 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1000
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103292242