資料詳細

中野 明/著 -- 新潮社 -- 2010.5 -- 384.7

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 2 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
安佐北 一般 /384/なか/ 380049373. 一般書 可能 利用可
西区 一般 /384/なか/ 880059804% 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
安佐北 1 0 1
西区 1 0 1

資料詳細

タイトル 裸はいつから恥ずかしくなったか
副書名 日本人の羞恥心
シリーズ 新潮選書
著者名 中野 明 /著  
出版者 新潮社
出版年 2010.5
ページ数等 244,10p
大きさ 20cm
分類 384.7  
内容紹介 幕末、訪日した欧米人は公衆浴場が混浴なのに驚いた。しかし、次第に日本人は裸を人目に晒すことを不道徳と考えるようになっていった。その間、日本人の心の中で性的関心がどのように変化していったかを明らかにする。
著者紹介 1962年滋賀県生まれ。ノンフィクション・ライター。同志社大学非常勤講師。著書に「日本人の経営魂」「岩崎弥太郎「三菱」の企業論」「ドラッカーが描く未来社会」など。 
テーマ 性風俗-歴史 , 羞恥  
ISBN 4-10-603661-3 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1200
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103197236