資料詳細

北山 修/編 -- 創元社 -- 2009.5 -- 146.04

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/146.0/きた/ホ 180133711P 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 罪の日本語臨床
著者名 北山 修 /編, 山下 達久 /編  
出版者 創元社
出版年 2009.5
ページ数等 226p
大きさ 22cm
分類 146.04  
内容紹介 当代屈指の臨床家たちが、抑うつや被害妄想などの症状をもつクライエントが体験する、きわめて日本的な「つみ・罪」意識の問題に真正面から取り組み、多面的かつ総合的に考察する。
著者紹介 〈北山修〉1946年淡路島生まれ。九州大学大学院人間環境学研究員教授、同大学院医学研究院教授。 
著者紹介 〈山下達久〉京都府立こども発達支援センター副所長、京都府立医科大学大学院医学研究科精神機能病態学併任准教授。 
テーマ 臨床心理学 ,  
ISBN 4-422-11420-0 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥3000
本体価格 ¥3000
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103091544

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
罪悪感さまざま 妙木 浩之/著 10~26p
罪意識についての予備的考察 熊倉 伸宏/著 27~38p
日本語における罪悪感の表現について 岡野 憲一郎/著 39~52p
罪悪感の理解と取り扱い 北山 修/著 54~67p
罪と創造性 手束 邦洋/著 68~79p
「見るなの禁止」とは何か 藤山 直樹/著 80~93p
罪悪感の自覚に関する一考察 谷 冬彦/著 94~104p
うつと罪意識 西園 昌久/著 106~116p
死の臨床と罪意識 岸本 寛史/著 117~126p
精神科領域における罪 山下 達久/著 127~135p
心理臨床における罪 桑原 知子/著 136~147p
罪悪感をめぐって 細沢 仁/著 148~151p
罪悪感をとらえるにあたっての基本軸 森岡 正芳/著 152~156p
罪意識と自己処罰 石附 牧子/著 158~170p
非定型精神病における罪、怒り、狂気 横田 謙治郎/著 171~182p
治療者の病気と罪悪感 小此木 加江/著 183~191p
「罪」と「ゆるし」の間で 若林 ふみ子/著 192~201p
「先生転移」に潜む罪悪感の取り扱い 加藤 隆弘/著 202~216p