資料詳細

有岡 利幸/著 -- 法政大学出版局 -- 1997.10 -- 657.82

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/657.8/A75/ツ 1397095389 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 松茸
シリーズ ものと人間の文化史
著者名 有岡 利幸 /著  
出版者 法政大学出版局
出版年 1997.10
ページ数等 288p
大きさ 20cm
分類 657.82  
内容紹介 秋の味覚の王として古来珍重されてきた松茸のルーツを、日本の風土と稲作農耕が育んだ里山の生態系に求め、「日本書紀」「万葉集」の時代から今日に至るまで、松茸をめぐって展開された繁栄と衰退のドラマを興味深く描き出す。
著者紹介 1937年岡山県生まれ。大阪営林局経営計画担当監査官を経て、現在近畿大学総務部総務課勤務。著書に「森と人間の生活」「松と日本人」など。 
内容注記 文献:p281~286
テーマ まつたけ(松茸)  
ISBN 4-588-20841-1 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥2700
本体価格 ¥2700
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1100462953