資料詳細

曽良中 清司/著 -- 成文堂 -- 1996.2 -- 309

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 /309/SO54/ 1396065158 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 社会運動の基礎理論的研究
副書名 一つの方法論を求めて
著者名 曽良中 清司 /著  
出版者 成文堂
出版年 1996.2
ページ数等 298,3p
大きさ 22cm
分類 309  
内容紹介 1.運動の分析枠 2.基礎的構造条件探究の一試論 3.問題状況と不満 4.原形的社会運動の形成と展開 5.運動イデオロギーと首導集団の諸課業 6.資源動員論の特徴と問題点 ほか2章
内容注記 文献:p275~296
テーマ 社会運動  
ISBN 4-7923-6059-5 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥3500
本体価格 ¥3500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1100449649