資料詳細

長谷川 昇/著 -- 平凡社 -- 1995.4 -- 210.62

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/210.6/H36/タ 1395158628 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 博徒と自由民権
副書名 名古屋事件始末記
シリーズ 平凡社ライブラリー
著者名 長谷川 昇 /著  
出版者 平凡社
出版年 1995.4
ページ数等 285p
大きさ 16cm
分類 210.62  
内容紹介 明治10年代、政府転覆の資金調達として起こった連続強盗事件「名古屋事件」。この激化事件の中枢を担ったのは博奕打ち達だった。明治期の博徒集団の実像を描き、自由民権運動を新しい視点から見る。
著者紹介 1922年生まれ。早稲田大学文学部卒業。東海学園女子短期大学名誉教授(近代日本史)。 
一般注記 中央公論社 1977年刊の再刊
テーマ 自由民権運動 , 愛知県-歴史  
ISBN 4-582-76092-9 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥1068
本体価格 ¥1068
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1100444378