資料詳細

朝鮮日々記研究会/編 -- 法蔵館 -- 2000.9 -- 210.49

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 /210.4/ちよ/ 1300086550 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 朝鮮日々記を読む
副書名 真宗僧が見た秀吉の朝鮮侵略
著者名 朝鮮日々記研究会 /編  
出版者 法蔵館
出版年 2000.9
ページ数等 385p
大きさ 22cm
分類 210.49  
内容紹介 慶長の役に医僧として朝鮮に渡った、真宗僧慶念の綴った日記「朝鮮日々記」の全文翻刻と、頭註・補註、および研究者たちによる書き下ろし論考を収録。慶長の役を新視点で問い直す。
テーマ 朝鮮日々記  
ISBN 4-8318-7526-0 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥7500
本体価格 ¥7500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1100103676

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
朝鮮日々記 3~93p
『朝鮮日々記』の諸本 岡村 喜史/著 131~140p
慶念の生涯と文化的素養 早島 有毅/著 141~162p
丁酉・慶長の役戦場と慶念 仲尾 宏/著 163~210p
慶念の系譜を探る 本多 正道/著 211~246p
善知識と「あさまし」の思想 大桑 斉/著 247~269p
「うき世」から「ミやこ」への旅路 平田 厚志/著 270~290p
自照文学としての『朝鮮日々記』 大取 一馬/著 291~312p
豊臣政権の寺社政策 早島 有毅/著 313~350p
本願寺教団の朝鮮進出 草野 顕之/著 351~382p