新着情報

平成30年度 ボランティアネットワーク事業における講演会 中澤晶子さん講演会「子どもが本に出会うということ――読者として、作者として」を開催しました

カテゴリー:こども図書館
記事分類:お知らせ更新日:2018年7月20日

平成30年7月12日(木)に、5-Daysこども文化科学館1階アポロホールで、児童文化講演会を開催しました。

講演の中で、中澤先生は、大人自身が本を読むとはどういうことなのかを知ることが大切と話され、本の持つ力を教えてくれる多くの図書を紹介されました。

また、「ドリトル先生シリーズ」など、ご自身の幸福な本との出会いの話や、コピーライターとしての経験から、良いものを見極めるには良いものをたくさん見ること、良い本を見極めるには良い本をたくさん読むことと、自分の中の「ものさし」を高めるのがいかに大事かを話されました。また、かこさとしさんの「子どもさんをあなどってはいけない」、石井桃子さんの「子どもの本は目に見えるように書く」、マーシャ・ブラウンさんの「子どもが本の世界で体験した夢や驚きや冒険は、心の中の内なる世界として残るものであり、大人になってからもその場所が生きる糧となってくれる」などの言葉を交えながら、子どもたちに本を手渡す時に心にとどめておきたいいくつもの事柄を教えてくださいました。

参加者の皆様からは「紹介された本はどれも読みたくなりました」、「子どもたちに本を手渡す側として、大きな責任が伴うことの重大さを改めて感じました」、「自分の中の「ものさし」、今一度考え、高めていきたいと思いました」などの感想が寄せられました。

中澤晶子さん講演会写真1中澤晶子さん講演会写真2

講座関連資料(一部)
  1. 本を読むひと』 アリス・フェルネ 著 デュランテクスト冽子 訳 新潮社 2016
  2. すべての子どもに本との出会いを』 正井 さゆり 著 渓水社 2018
  3. シリアの秘密図書館』 デルフィーヌ・ミヌーイ 著 藤田 真利子 訳 東京創元社 2018
  4. 本泥棒』 マークース・ズーサック 著 入江 真佐子 訳 早川書房 2007
  5. 橋をかける 子ども時代の読書の思い出』 美智子 著 すえもりブックス 1998
  6. 四人のヤッコ』 西内 ミナミ 作 はた こうしろう 絵 鈴木出版 2018
  7. 茶色の朝』 フランク パヴロフ 物語 ヴィンセント ギャロ 絵 藤本 一勇 訳 大月書店 2003
  8. きょうは、おおかみ』 キョウ・マクレア 文 イザベル・アーセノー 絵 小島 明子 訳 きじとら出版 2015
  9. マルコとパパ』 グスティ 作・絵 宇野 和美 訳 偕成社 2018
  10. 明日の平和をさがす本』 宇野 和美 ほか 編著 岩崎書店 2016
  11. 子どもの本のまなざし』 清水 真砂子 著 洋泉社 1995
  12. ムーンレディの記憶』 E.L.カニグズバーグ 作 金原 瑞人 訳 岩波書店 2008
  13. スピニー通りの秘密の絵』 L.M.フィッツジェラルド 著 千葉 茂樹 訳 あすなろ書房 2016
  14. 凍てつく海のむこうに』 ルータ・セペティス 作 野沢 佳織 訳 岩波書店 2017