中学生・高校生のページ

ライブラリー・サポーターズ

おしらせ

ライブラリー・サポーターズ(リブサポ)とは?

こども図書館の行事や館内作業をサポートする、中学生・高校生ボランティアの会です。
「おはなし会で絵本の読み聞かせをしてみたい」「図書館のイベントを手伝ってみたい」なんて思っている人、なかなか図書館まで行かないけれど「こども図書館のココが変わったら利用しやすいのに」という意見がある人、ぜひ、参加してみませんか?

活動について

1.活動内容
  • 館内サポーター
    こども図書館をもっと利用しやすい図書館にするために、中学生・高校生の視点で考えて、掲示物やポスター作り、本棚の整理などを行います。
  • 読み聞かせサポーター
    幼児や小学生の子どもたちに、おはなし会で絵本の読み聞かせをします。
  • イベントサポーター
    こども図書館で開催される子ども対象のイベントを中心に、講演会などの準備の手伝いや、クリスマスのおはなし会などの企画をします。
2.活動日と時間
  • 館内サポーター
    原則として、
    毎月第二土曜日 午後1時から4時半の間(時間内であれば、フリー参加)
  • 読み聞かせサポーター
    原則として、
    毎月第三日曜日 午後1時から3時
    ※おはなし会は、事前に担当月を決定します
  • イベントサポーター
    原則として、
    毎月第二土曜日 午後1時から4時半の間(準備・企画)
    毎月第三日曜日 午前10時から正午(イベント)
    その他、行事予定に合わせて、2時間程度
3.場所

原則として、5-ファイブDaysデイズこども図書館内

関連書類をダウンロード

入会について

  • 広島市内に在住もしくは通学の中学生・高校生(高校生相当の年齢の人を含む)が対象です。
  • 入会を希望する人は、所定の申込用紙に必要事項を記入し、来館またはFAXで、こども図書館へ申し込んでください。電話でも受け付けます。
  • 申込は、通年で受け付けています。
    ※ただし、読み聞かせサポーターへの登録には、読み聞かせサポーター研修会(毎年5月~6月頃に開催)の受講が必要ですので、お問い合わせください。

ライブラリー・サポーターズのおすすめ本

こども図書館1階かりるへやには、リブサポ(ライブラリー・サポーターズ)メンバーがおすすめする本を展示したコーナーがあり、手作りのPOPでいろいろな本を紹介しています。
※リブサポ(ライブラリー・サポーターズ)とは、こども図書館の行事や館内作業をサポートする中学生・高校生ボランティアの会です。

ライブラリー・サポーターズのおすすめ本 イメージライブラリー・サポーターズのおすすめ本 イメージ

現在展示している本

書名 請求記号 著者 出版者 紹介文
死神うどんカフェ1号店 1杯目 913 い 石川 宏千花/著 講談社 命を落としかけ、心を閉ざした高1の希子(きこ)の前に、突如あらわれた《死神うどんカフェ》。そこには、元死神や死神、そして希子を助けるために川に飛びこみ、意識不明の重体であるはずの三田亜吉良(みたあきら)の姿があった―。
続きが気になる方は、ぜひ本を読んでみてください!
獣の奏者 1 913 う 上橋 菜穂子/作 講談社 10歳の少女・エリンは、獣ノ医術師の母との二人暮らし。母は、戦闘用の獣である「闘蛇(とうだ)」の世話をしているが、ある日、闘蛇がいっせいに死んでしまう。その罪に問われた母は処刑され、エリンは孤児となるが…。
新選組は名探偵!! 913 く 楠木 誠一郎/作
岩崎 美奈子/絵
講談社 香里、拓哉、亮平の3人は、幕末にタイムスリップ! 3人は見習いとして新選組に入ります。そんな最中、1人の子供の誘拐事件が起こり、皆で協力して解決しようとするのですが…!?
人間失格 913 た 太宰 治/著 旺文社 幼い頃から人間を恐れていた主人公は、他の人の前でいつもおどけてみせる。だが、いつしか人に尊敬され、頼られるようになる。作者の自伝ともいわれている、世の中で生きるうちに出合う心の苦悩や葛藤が描かれている本。
若おかみは小学生! 〔Part1〕 913 れ 令丈 ヒロ子/作
亜沙美/絵
講談社 交通事故で両親を失ったおっこは、おばあちゃんの峰子がいる「春の屋」に引っ越した。春の屋での事件をきっかけに思わず言ってしまった一言で、おっこの人生が変わってしまった!?