資料詳細

佐竹 昭/著 -- 吉川弘文館 -- 2012.3 -- H25.0

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 2 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 広島 H/25.0/さた/ 180205370Q 郷土(一 条件 利用可
中央 参書庫 HK/092.1/さた/ミ 180205562T 郷土(一 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 2 0 1

資料詳細

タイトル 近世瀬戸内の環境史
著者名 佐竹 昭 /著  
出版者 吉川弘文館
出版年 2012.3
ページ数等 10,231p
大きさ 22cm
分類 H25.0  
内容紹介 江戸時代の林野には、どのような樹木がどれくらい茂っていたのか。広島藩領を中心に林野の利用や、シシ(猪鹿)垣・たたら製鉄などを分析。瀬戸内の島々や沿岸部、さらに内陸部についての自然と人々の暮らしを解明する。
著者紹介 1954年和歌山県生まれ。広島大学大学院文学研究科博士課程後期中退。同大学大学院総合科学研究科教授。博士(文学)。著書に「古代王権と恩赦」など。 
テーマ 広島県-歴史  
ISBN 4-642-03451-7 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥8500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103378535

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序章 近世(江戸時代)の暮らしと自然を考える
Ⅰ 人々の暮らしと林野
第一章 広島藩沿海地域における林野利用とその「植生」
第二章 沿海地域の林野利用
第三章 山間地域の林野利用
Ⅱ 人々の暮らしと野生動物
第一章 近世広島の猪と豚
補論 安芸のシシ垣
第二章 石見銀山領における猪被害とたたら製鉄
Ⅲ 経済活動の活発化と人々の暮らし
第一章 瀬戸内中部の港町と流通
第二章 広島藩沿海地域の人口増加と島嶼村落
はじめに
本書の概要
はじめに
一 安芸郡奥海田村の絵図と山帳から
二 賀茂郡奥屋村の山帳から
三 賀茂郡三六カ村の山帳から
四 豊田郡の山帳から
むすびにかえて
はじめに
一 賀茂郡三津村の林野利用
二 豊田郡生口島の林野利用
むすびにかえて
はじめに
一 備後六の原炭の出雲・伯耆への供給
二 六の原付近の製鉄事情
むすびにかえて
はじめに
一 安芸郡倉橋島の猪被害とその対策
二 安芸諸地域の被害対策とその推移
三 野生動物の分布と人間活動の活発化
四 朝鮮通信使と広島の豚
むすびにかえて
はじめに
一 銀山領内陸部における猪被害の推移
二 銀山領の林野制度と近世後期の鉄生産
むすびにかえて
はじめに
一 航路の変遷と港町
二 港町の盛衰と商品流通
むすびにかえて
はじめに
一 広島藩領の奥郡と浦辺郡
二 安芸郡の平野部と沿岸・島嶼部
三 安芸郡倉橋島の人口増加と耕地の拡大
四 倉橋島の階層構成
五 釣士田浦の分析
むすびにかえて