資料詳細

西田 典之/著 -- 弘文堂 -- 2012.3 -- 326.2

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲B CC/326.2/にし/ 180191932Y 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 刑法各論
シリーズ 中央大学通教文庫 C1638 法律学講座双書
著者名 西田 典之 /著  
出版者 弘文堂
出版年 2012.3
ページ数等 15,540p
大きさ 22cm
分類 326.2  
版表示 第6版
内容紹介 「生きた法」としての判例を豊富に引用し、学説状況を的確に整理、現在の刑法学の 到達点を示した基本書。強制執行妨害罪関係の改正など、最新の法改正、重要判例に対応した第6版。
著者紹介 1947年熊本市生まれ。東京大学法学部卒業。同大学名誉教授、学習院大学法学部教授。著書に「共犯理論の展開」など。 
内容注記 文献:巻頭p12~14
テーマ 刑法  
ISBN 4-335-30454-5 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥4000
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103385495

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
第1編 序論
第2編 個人的法益に対する罪
第3編 社会的法益に対する罪
第4編 国家的法益に対する罪
第1章 生命に対する罪
第2章 身体に対する罪
第3章 自由に対する罪
第4章 秘密・名誉に対する罪
第5章 信用および業務に対する罪
第6章 財産に対する罪
第1章 公共危険罪
第2章 取引の安全に対する罪
第3章 風俗に対する罪
第1章 国家の存立に対する罪
第2章 国交に関する罪
第3章 国家の作用に対する罪