資料詳細

岡田 朋子/文 -- 国土社 -- 2014.10 -- 645.6

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 3 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
こども 自由 /640/お/ 280084738/ 児童書 可能 利用可
安芸区 児童 /64/オ/ 680073255- 児童書 可能 利用可
なか区 児童 /64/オ/ 080087125V 児童書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
こども 1 0 1
安芸区 1 0 1
なか区 1 0 1

資料詳細

タイトル 特別な一ぴき
副書名 いのちの授業
著者名 岡田 朋子 /文  
出版者 国土社
出版年 2014.10
ページ数等 143p
大きさ 22cm
分類 645.6  
内容紹介 家族としてペットを迎えるとき、人はどのように特別な一ぴきと出合うのでしょう? 学校などで、動物とのふれあいを通して「いのちの大切さ」を伝える活動を行っている著者が、捨て犬・捨て猫のいない世の中の実現を訴えます。
内容抜粋 わたしたちは、犬や猫(ねこ)をつれて、学校訪問(ほうもん)にやってきました。子どもたちといっしょに「いのちの大切さ」を考えるためです。わたしたちが学校につれてきた犬たちは、みんな特別な犬たちです。どうして特別なのか、なぜこの犬たちとお友だちになってほしいのかをお話しします。
著者紹介 1965年新潟市生まれ。歯科医師。20代半ばから動物問題に関心を持つ。新潟動物ネットワーク(NDN)代表。 
テーマ いぬ(犬) , ねこ(猫) , 動物-保護  
ISBN 4-337-31010-0 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1300
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103659801

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
プロローグ・犬が学校にやって来た!
1 捨てられた子犬は、どうなるの?
2 はじめて救ったいのち
3 言うことをきかなくなったポチ
4 どうして、遠吠えするのかな?
5 動物園の動物は、しあわせなの?
6 殺処分される動物たち
7 ちっぽけな会
8 どうしたら、いのちが救えるの??
9 新しい家族のむかえ方
10 犬が大好きな猫と、猫が大好きな犬
11 ペットの最期
12 なぜ、人を咬むのかな?
13 捨てられた繁殖犬のメグ
14 人気ものになったティアラ
15 どうしても飼えない理由って、あると思う?
16 ワンちゃんと友だちになる方法
エピローグ・いのちの授業、それから…~村上市立さんぽく南小学校の感想から一部紹介~