資料詳細

宗田 理/作 -- ポプラ社 -- 2011.7 -- 913.6

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 8 件です。予約は 1 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
こども 自由 /913/そ/ 280063094W 児童書 可能 利用可
こども 書庫 ホ/913/そ/ 280063162S 児童書 保存 利用可
安佐北 児童 /F1/ソ/ 380058200Q 児童書 可能 貸出中
東区 児童 /F1/ソ/ 480123559. 児童書 可能 利用可
安芸区 児童 /F1/ソ/ 6800488540 児童書 可能 予別
南区 児童 /F1/ソ/ 780053908/ 児童書 可能 利用可
佐伯区 児童 /F1/ソ/16 980054226- 児童書 可能 利用可
湯来閲覧 児童 /F1/ソ/ Y80024774N 児童書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
こども 2 0 1
安佐北 1 1 0
東区 1 0 1
安芸区 1 1 0
南区 1 0 1
佐伯区 1 0 1
湯来閲覧 1 0 1

資料詳細

タイトル ぼくらの恐怖ゾーン
シリーズ 「ぼくら」シリーズ
著者名 宗田 理 /作  
出版者 ポプラ社
出版年 2011.7
ページ数等 303p
大きさ 20cm
分類 913.6  
内容紹介 英治たち「ぼくら」は、江戸時代から続いているという、赤城にある旧家を借りて、2泊3日で遠出することに。だが、その家の「あかずの間」で次々と変死事件がおき…。
内容抜粋 F高に通う日比野が、英治と相原に、2泊3日で赤城に遠出しないかと持ちかけてきた。日比野と同じ高校に通う塚本の家が、10月の連休に空き家になるという。女子は誘わないつもりだったが、なぜか純子たちも、同じく赤城への旅行計画を立てていた。結局、一緒に行くことになった「ぼくら」だったが、その家で変死事件が起き…。
著者紹介 1928年東京都生まれ。日本大学芸術学部卒業。出版社勤務を経て、79年直木賞候補となった「未知海域」で作家デビュー。著書に「天路」「早咲きの花」など。 
ISBN 4-591-12503-8 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥1200
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103317306