資料詳細

浦辺 登/著 -- 弦書房 -- 2017.7 -- 361.65

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
南区 一般 /361/うら/ 780096156% 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
南区 1 0 1

資料詳細

タイトル 玄洋社とは何者か
著者名 浦辺 登 /著  
出版者 弦書房
出版年 2017.7
ページ数等 246p
大きさ 19cm
分類 361.65  
内容紹介 近代史の穴・玄洋社の素顔とは-。戦後、GHQによって「戦争犯罪の一翼をになったテロリスト集団」と決めつけられた玄洋社。その虚像を「自由民権団体」という実像へと修正する。
著者紹介 1956年福岡県生まれ。福岡大学ドイツ語学科在学中から雑誌への投稿を行う。近年はインターネットサイトの書評投稿に注力。日本の近代史を中心に研究している。 
テーマ 玄洋社  
ISBN 4-86329-154-6 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥2000
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1110167614