資料詳細

大岡 頼光/著 -- 勁草書房 -- 2014.3 -- 373.4

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲B K/373.4/おお/モ 180250105M 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 教育を家族だけに任せない
副書名 大学進学保障を保育の無償化から
著者名 大岡 頼光 /著  
出版者 勁草書房
出版年 2014.3
ページ数等 6,266,19p
大きさ 20cm
分類 373.4  
内容紹介 少子高齢化が急激に進む日本は、優秀な人材が家庭の貧富にかかわらず大学に進学できる社会システムを創り上げる必要がある。スウェーデンを参考に、日本でも実現可能な「教育を家族だけに任せない社会」を構想する。
著者紹介 1965年広島県生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科(後期課程)社会学専攻修了。博士(人間科学)。中京大学現代社会学部准教授。著書に「なぜ老人を介護するのか」がある。 
内容注記 文献:巻末p5~19
テーマ 教育費 , 教育政策 , スウェーデン-教育 , 日本-教育  
ISBN 4-326-65386-7 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥2800
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103597177

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序章 人生の初めから家族だけに任せない文化を創る
第Ⅰ部 高等教育での親負担主義の問題点
第一章 教育費負担の現状
第二章 制度が文化を創る
第三章 高等教育費の公的負担の根拠
第Ⅱ部 就学前教育を無償化し信頼を創る
第四章 子どもの貧困解消
第五章 就学前教育で政治への信頼を創れるか
第六章 保育・就学前教育の無償化
終章 家族主義を変える
1 介護保険導入後も減らない介護殺人
2 大学授業料の親負担主義廃止と「脱家族化」
3 介護と学歴
4 少子高齢化社会を支える子ども・若者の進路保障
5 社会構想のために
6 本書の構成
1 大学卒業までの教育費
2 親の収入による進学格差
3 高等教育費負担の国際比較
4 生活給の崩壊
1 問題設定
2 親負担主義廃止と中間層の支持
3 親負担主義廃止の議論と背景
4 平等と親負担主義廃止の対立
5 日本への示唆
1 教育費の「脱家族化」と進路保障
2 不況期の教育予算増の背景
3 逆進性
4 スウェーデンの給付奨学金
5 高等教育よりもまず就学前教育を充実
1 保育と大学
2 普遍主義が望ましい理由と問題点
3 スウェーデンの保育の歴史と普遍主義
4 普遍主義の長所と問題点からみた保育と大学
5 対称的な日本の待機児童
6 普遍主義と政府への信頼の関係
1 職員と親の協働と信頼
2 スウェーデンにおける親協同組合保育所の意義
3 親協同組合保育所を運営できる時間はあるか
4 自治体立の保育所での親の協働、親の評議会
5 保育・就学前教育の平等化の方向とその条件
6 日本の問題点と改革の方向性
1 「幼児教育の無償化」三~五歳限定案の根拠
2 日本の特異な問題状況
3 〇~二歳児の保育の無償化を優先すべき
4 三~五歳児だけでは教育格差は減りにくい
5 ○歳児保育の平等化効果
1 保育・就学前教育
2 学力形成と進路選択
3 小中学校
4 高校
5 大学