資料詳細

木村 尚子/著 -- 大月書店 -- 2013.2 -- 495.9

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 /495.9/きむ/ 180247481Z 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 出産と生殖をめぐる攻防
副書名 産婆・助産婦団体と産科医の一〇〇年
著者名 木村 尚子 /著  
出版者 大月書店
出版年 2013.2
ページ数等 6,294,2p
大きさ 22cm
分類 495.9  
内容紹介 1870年代から1950年代までの間、助産職従事者が自らの業務をどのように位置づけ、またそれを統制する制度や管理者とどのような利害調整や交渉をしてきたのかを、産科医との関係を軸に分析する。
著者紹介 広島市立大学国際学研究科博士後期課程修了。博士(学術)。広島市立大学客員研究員、同国際学部非常勤講師。専門は日本近現代女性史、ジェンダー研究。 
内容注記 年表:p249 文献:p251~291
テーマ 助産師-歴史  
ISBN 4-272-35038-4 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
本体価格 ¥4500
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1103483734

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
序章 研究の課題と方法
第1章 明治期の産科医による産婆教育と「異常」の構築
第2章 産婆による権威への志向
第3章 産婆業務独立の試みをめぐって
第4章 「国家的使命」へのあゆみ
第5章 戦時下における産婆・助産婦の動員と敗戦直後の状況
第6章 「産ませること」から「選択的に産ませること」へ
終章 産婆・助産婦団体による利害調整と交渉の軌跡
1 はじめに
2 先行研究と本研究の課題
3 研究方法と史料
1 産科医による技術行使への野心
2 明治初期における産婆教育の指針
3 産科医と産婆との境界線
4 「異常」の拡大と産婆への牽制
1 旧来の助産と産科医領域の間
2 「お上を模範と頂いて」
3 「異常」の提示と妊産婦への指導
1 産婆規則の改正と新法の請求
2 産院、健康保険法と医師による助産業務
3 産師法制定運動の複雑化と産婆らの動き
4 産婆団体の分裂とその修復
1 「国家的使命」を高唱する産婆
2 「産師法」制定運動から「産婆法」制定運動へ
3 「銃後の護り」と「母」の教導
4 一九四〇年代初頭の産科医と産婆の攻防
1 戦時下における「母性及乳幼児」の重視
2 「産めよ殖やせよ」
3 戦時下の産婆・助産婦
4 戦時の動員と敗戦の影響
1 産婆・助産婦団体にとっての制度改革とGHQ
2 助産婦に期待されたもの
3 受胎調節普及事業・家族計画運動期の助産婦
1 「医師の補助機関」としての産婆
2 産婆・助産婦団体の抵抗と矛盾
3 産婆による権威への志向
4 助産職の変化
5 「母性」と「女性性」への依拠
6 おわりに