資料詳細

リービ英雄/著 -- 岩波書店 -- 2007.11 -- 914.6

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)
  

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 閲A K/914.6/りー/ 180064201M 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 越境の声
著者名 リービ英雄 /著  
出版者 岩波書店
出版年 2007.11
ページ数等 258p
大きさ 20cm
分類 914.6  
内容紹介 青木保、大江健三郎、多和田葉子らとの対話を軸に、西洋出身者として初めての現代日本文学作家である著者が、自らの体験を振り返りながら、「越境」によって切り拓かれる文学の最先端を縦横に語る。
著者紹介 〈リービ英雄〉1950年アメリカ生まれ。プリンストン大学大学院博士課程修了。スタンフォード大学の教授職を辞して東京に在住。「千々にくだけて」で大仏次郎賞受賞。他に「星条旗の聞こえない部屋」など。 
ISBN 4-00-022276-1 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥2000
本体価格 ¥2000
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1102943905

内容一覧

タイトル 著者名 ページ
文学はどこへ向かうか 富岡 幸一郎/ほか述 7~27p
紀行と現代 多和田 葉子/述 31~52p
日本〈語〉文学の可能性 水村 美苗/述 53~101p
異言語体験と「文学の力」 青木 保/述 103~123p
中国大陸、文学の新しさ 莫言/述 125~152p
バイリンガル・エクサイトメント 大江 健三郎/述 153~174p
スーザンが残したことば 177~181p
夏の終わりのTuesday afternoon 182~187p
〈9・11〉と文学 188~206p
「名誉」ある越境の痕跡 209~212p
ひとは「何語」で生きるのか 213~216p
千年紀城市に向かって 217~240p
イーリャ・フォルモーザ 241~254p