資料詳細

中村 元/著 -- 岩波書店 -- 1996.9 -- 188.61

  • 総合評価
    5段階評価の0.0
    (0)

所蔵

所蔵は 1 件です。予約は 0 件です。

所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 資料区分 帯出区分 状態
中央 参書庫 K/188.6/N37/チ 1396070651 一般書 可能 利用可

館別所蔵

館名 所蔵数 貸出中数 貸出可能数
中央 1 0 1

資料詳細

タイトル 往生要集
シリーズ 同時代ライブラリー
サブシリーズ 古典を読む
著者名 中村 元 /著  
出版者 岩波書店
出版年 1996.9
ページ数等 294p
大きさ 16cm
分類 188.61  
内容紹介 地獄と極楽が対立するものだという考え方が日本人の間で定着したのは「往生要集」の影響である。インド仏教原典と源信の思想を照明し、日本浄土教の根源に迫る碩学の読み。再刊。
著者紹介 1912年島根県生まれ。東京帝国大学文学部卒業。現在、東京大学名誉教授。主著に「初期ヴェーダーンタ哲学史」「東洋人の思惟方法」など。 
テーマ 往生要集  
ISBN 4-00-260281-8 国立国会図書館 カーリル GoogleBooks WebcatPlus
定価 ¥1068
本体価格 ¥1068
特定資料種別 図書
URL https://www.library.city.hiroshima.jp/winj/opac/switch-detail.do?bibid=1100450070