新着情報

図書館のもよおしもの(11月分)

カテゴリー:中央図書館
記事分類:月間予定更新日:2018年11月 1日

行事

行事名 広島市立中央図書館・広島都市学園大学 連携事業
講座「認知症を知る」
第2回「認知症のタイプ別症状の特徴を知る」
日時 11月2日(金)14:00~15:30
場所 中央図書館 3階 セミナー室
講師 谷川 良博氏(広島都市学園大学 准教授)
対象 どなたでも
内容 認知症はタイプによって特徴的な症状があることは、あまり知られていません。タイプ別に映像を用いて解説します。
定員 30名(要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはホームページの専用申込フォームのいずれかで申込。
申込フォームを使用する場合は、以下の点にご注意ください。
  • 参加行事名に「認知症のタイプ」とご記入ください。
行事名 【申込受付終了】本のリサイクルフェア
日時 11月3日(土・祝)9:30~17:00
場所 中央図書館 1階 自習室
対象 広島市立図書館の貸出利用登録者
内容 図書館の除籍した本を無償でお譲りします。
定員 1,000名(要申込・先着順)
※40分単位で先着順に譲渡時間を割り当てます。
申込 10月16日(火)に受付終了
行事名 ビジネス相談会
日時 11月10日(土)12:00~17:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
相談員 中小企業診断協会の中小企業診断士、広島県信用保証協会の職員
対象 起業・経営について相談のある方
内容 起業・経営についての相談会(中小企業診断士との面談)
定員 5名(1人1時間以内 要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはビジネス相談会申込フォームで受付中
行事名 講演会「『赤い鳥』研究の今、これから」
日時 11月11日(日)14:00~16:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
講師 武藤 清吾 氏(琉球大学教育学部 教授)
対象 どなたでも
内容 創刊以来、様々な分野で積み重ねられてきた「赤い鳥」研究の最前線について、近刊の『赤い鳥事典』の編集経験も踏まえてお話しいただきます。
定員 60名(要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはホームページの専用申込フォームのいずれかで申込。
申込フォームを使用する場合は、以下の点にご注意ください。
  • 参加行事名に「講演会赤い鳥研究」とご記入ください。
行事名 本の交換市&ブックカフェ
日時 11月11日(日)9:30~15:00
場所 中央図書館 1階 自習室・北側広場
対象 どなたでも
内容
  • 持ち込み・持ち帰り自由の交換市(持ち帰りのみも可、おひとり30冊まで)
  • ブックカフェ(コーヒー、クッキー等の販売)
その他
  • 交換市に出す本の事前受付は、11月4日(日)まで各市立図書館・室で行います。(雑誌の持ち込みは不可)
  • お持ち帰り用の袋をご用意ください。
行事名 講座「『赤い鳥』作品を味わう 子どもたちの拓く新たな世界」
日時 11月24日(土)14:00~16:00
場所 中央図書館 3階 セミナー室
講師 出雲 俊江 氏(筑紫女学園大学文学部 教授)
対象 どなたでも
内容 子どもたちの投稿作品から見えてくる「赤い鳥」の魅力について解説していただきます。
定員 60名(要申込・先着順)
申込 中央図書館へ来館、電話、FAX、またはホームページの専用申込フォームのいずれかで申込。
申込フォームを使用する場合は、以下の点にご注意ください。
  • 参加行事名に「講座赤い鳥作品」とご記入ください。

展示

テーマ 「赤い鳥」創刊100年記念 企画展「『赤い鳥』と主宰 鈴木三重吉」
期間 10月20日(土)~12月28日(金)
場所 中央図書館 2階 展示ホール
対象 どなたでも
内容 児童雑誌「赤い鳥」ゆかりの作家や作品、同誌を主宰した広島市出身の鈴木三重吉を紹介します。
テーマ サテライト(北側)展示「ひろしま美術館で見る ブリヂストン美術館の名品」
期間 10月6日(土)~11月29日(木)
場所 中央図書館 2階 サテライト北側(展示ホール前)
対象 どなたでも
内容 ひろしま美術館で開催中の「ブリヂストン美術館展 珠玉の石橋財団コレクション 印象派からピカソまで」に寄せて、関連資料を展示します。