鈴木三重吉と「赤い鳥」の世界
トップ>当館三重吉資料
ここから本文

当館所蔵三重吉関係資料
−「三重吉文庫」を中心に−



広島市立中央図書館が所蔵する特別コレクションの一つに広島文学資料があります。
鈴木三重吉をはじめ、広島にゆかりの深い21名の作家を対象に、初版本・雑誌・肉筆原稿などの収集・保存・公開を目的としています。現在3万点を越えるこのコレクションのはじまりに 中心的役割を果たしたのが、鈴木三重吉に関する資料を集めた「三重吉文庫」でした。

鈴木三重吉の業績を顕彰するため昭和27年に発足した鈴木三重吉顕彰会から、広島市立中央図書館の前身である広島市立浅野図書館へ、雑誌「赤い鳥」など約160点が寄託されたことをきっかけに三重吉文庫は開設されました。その後も、鈴木三重吉「赤い鳥」の会(鈴木三重吉顕彰会が発展的に改称)や鈴木珊吉氏(三重吉長男)から継続的に寄託・寄贈を受け、当館が所蔵する資料も加えながら、昭和48年には三重吉文庫の資料点数は370点余りに達しました。
さらに昭和62年、鈴木珊吉氏より「赤い鳥」の原本全196冊をはじめとする三重吉の愛蔵書や、珊吉氏が収集した三重吉関係の図書など400点を越える資料が寄贈されました。また、同年 10月の広島文学資料室開室にあたっては、鈴木三重吉「赤い鳥」の会から三重吉文庫に寄託されていた資料220点も当館へ寄贈される運びとなりました。広島文学資料室では開室当初全2,181点の資料のうち、三重吉文庫を含む三重吉関係資料が1,577点を占めていたことからもわかるように、開設以来質量ともに充実し続けてきた三重吉文庫が核となりました。

現在も広島文学資料室は多くの方々の支援を受けながら収集を続けており、三重吉文庫を含めた鈴木三重吉関連資料は約3,800点となりました。三重吉の故郷広島にあって、三重吉や「赤い鳥」の研究に欠かせない全国的にも有数のコレクションとなっています。

当館で所蔵する鈴木三重吉関係資料の紹介


■写真画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。

自筆原稿「ぶつぶつ屋」


「赤い鳥」大正11年7月号に掲載された鈴木三重吉による童話の自筆原稿。赤い鳥社の原稿用紙の裏を使用し、マス目にとらわれず、斜線や塗りつぶしによる訂正や字句挿入の跡が余白一杯に残されている。一度清書されることなく、そのまま赤ペンで校正されており、毎月の締め切りに向け慌ただしい編集作業をうかがわせる。
自筆原稿「ぶつぶつ屋」の拡大画像1へリンク自筆原稿「ぶつぶつ屋」の拡大画像2へリンク

自筆書「三重吉永眠の地」、「三重吉と濱の墓」


三重吉と浜の墓碑銘の下書きで、三重吉自身が生前に書き残したもの。墓碑は、三重吉の13回忌に鈴木家の菩提寺である長遠寺(広島市中区大手町三丁目)に建立された。
自筆書「三重吉永眠の地」の拡大画像へリンク自筆書「三重吉と濱の墓」の拡大画像へリンク

雑誌「赤い鳥」


全196冊の原本及び復刻版を所蔵している。特に三重吉が所蔵していたものには、自筆の署名のほか、活字となった自身の童話に対してなおも推敲の書込みが残されているページもあり、文章に対する三重吉の厳しい姿勢が表れている。また、表紙に「すゞ」「すゞ 珊吉」のように我が子の名前が記されたものがあり、「赤い鳥」発刊を決めた「芸術的にも優れた作品を与えたい」という三重吉の父親としての愛情が感じられる。
雑誌「赤い鳥」表紙の拡大画像へリンク 雑誌「赤い鳥」中身の拡大画像1へリンク

雑誌「赤い鳥」中身の拡大画像2へリンク


鈴木三重吉宛 夏目金之助(漱石)書簡


明治39年4月15日付け。「千鳥」を読んだ高浜虚子の感想を三重吉に伝える手紙。虚子の厳しい批評に対抗するように、漱石自身の意見を列記し、「…僕が名作を得たと前触が大き過ぎた為め却つて欠点を挙げるようになつたので、いい点は認めて居るのである。」と伝える。虚子が「千鳥」の原稿を持って帰ったと知らせているように、「千鳥」はこの直後「ホトトギス」5月号に掲載された。
鈴木三重吉宛 夏目金之助(漱石)書簡の拡大画像1へリンク

鈴木三重吉宛 夏目金之助(漱石)書簡の拡大画像2へリンク

小宮豊隆筆 鈴木三重吉記念碑
「夢に乗る」碑面文字下書


「鈴木三重吉記念碑」は、鈴木三重吉顕彰会により、昭和30年5月5日に現在の広島市こども文化科学館・広島市こども図書館前に建立された。「夢に乗る」と名づけられたブロンズ像の台座に刻まれた「鈴木三重吉記念碑」の文字は、三重吉とともに漱石を師とし、木曜会のメンバーであった小宮豊隆の筆によるもの。
小宮豊隆筆 鈴木三重吉記念碑「夢に乗る」碑面文字下書の拡大画像へリンク

「三重吉追悼の寄書」2冊


生前の三重吉と特に親交の深かった作家・画家の筆による追悼の寄書きで、三重吉没日から10日間に東京西大久保の鈴木家に焼香に訪れた際に書かれたもの。
北原白秋・細田民樹・坪田譲治・内田百閧竅u赤い鳥」誌上で活躍した清水良雄・深沢省三・鈴木淳らが文や画を寄せている。
「三重吉追悼の寄書」1冊目の拡大画像へリンク

「三重吉追悼の寄書」2冊目の拡大画像へリンク

鈴木三重吉愛蔵書


三重吉の師である夏目漱石をはじめ、親交の深かった森田草平、小宮豊隆らから送られた書籍類。その多くに著者による署名や三重吉への宛名が記されている。 鈴木三重吉愛蔵書1の拡大画像へリンク鈴木三重吉愛蔵書2の拡大画像へリンク

Copyright (c) 2009 Hiroshima City Library All Rights Reserved.