鈴木三重吉と「赤い鳥」の世界
トップ>はじめに
ここから本文

はじめに


広島市立中央図書館の広島文学資料室では、鈴木三重吉をはじめ、広島ゆかりの著名な文学者を対象に文学資料を収集・保存・活用しています。
このたび、鈴木三重吉主宰「赤い鳥」刊行90周年の節目に、このアーカイブを作成いたしました。
鈴木三重吉と「赤い鳥」に興味を持っていただき、当館所蔵の文学資料のご利用をすすめていただけましたら幸いです。
平成21年(2009年)3月
広島市立中央図書館
鈴木三重吉と家族の写真
大正7年目白の自宅にて
(右より三重吉 長女すず
長男珊吉 妻らく)

“子どもたちにも質の高い童話や童謡を与えたい”―愛娘すずへの思いから、文学者鈴木三重吉は、子どものための芸術として真価ある童話や童謡を創作し紹介していく雑誌「赤い鳥」を自ら発行することになりました。

小鳥の動画 小鳥の画像
ご利用にあたって

Copyright (c) 2009 Hiroshima City Library All Rights Reserved.