鈴木三重吉と「赤い鳥」の世界
トップ>三重吉略年譜
ここから本文

三重吉略年譜


■写真画像をクリックすると、拡大画像が表示されます。
黒太字は主な出来事

明治15年
(1882年)

  9月29日 父悦二、母ふさの三男として広島市猿楽町(現中区紙屋町)に生まれる。 一中時代の写真画像
一中時代

明治22年
(1889年)
7歳 本川小学校に入学。
大日本帝国憲法発布

明治24年
(1891年)
9歳 母ふさが亡くなる。

明治26年
(1893年)
11歳 第一高等小学校に入学。
明治27年(1894年)日清戦争

明治29年
(1896年)
14歳 広島県広島尋常中学校(現広島県立広島国泰寺高等学校)に入学。

明治30年
(1897年)
15歳 「亡母を慕ふ」が「少年倶楽部」4月号に、「天長節の記」が「少国民」9年第2号に載る。

明治34年
(1901年)
19歳 3月 広島県立第一中学校(広島尋常中学校より改称)卒業。
9月 京都の第三高等学校に入学。

明治37年
(1904年)
22歳 7月 第三高等学校を卒業。
日露戦争
9月 東京帝国大学英文科に入学、夏目漱石の講義を受ける。

明治38年
(1905年)
23歳 静養のため休学、佐伯郡能美島(現江田島市)で過ごす。この間に「千鳥」の題材を得る。
日露講和条約調印
明治38年東大時代の画像
明治38年
東大時代

明治39年
(1906年)
24歳 3月 「千鳥」を完成させ、漱石宛に原稿を送る。「千鳥」の原稿は、「僕名作を得たり」と感激した漱石の紹介により高浜虚子に送られ「ホトトギス」5月号に掲載された。

4〜7月 広島市内の私立中学の講師となる。親友の加計正文を訪ねて加計町(現安芸太田町)で夏を過ごし、この間に「山彦」の題材を得る。

9月 上京して漱石門下となり、漱石宅での「木曜会」に参加する。高浜虚子・森田草平・寺田寅彦・小宮豊隆らと親しくなる。

明治40年
(1907年)
25歳 1月 「山彦」が「ホトトギス」1月号に掲載される。
4月 『千代紙』を俳書堂より出版。

明治41年
(1908年)
26歳 7月 大学卒業。父悦二が亡くなる。
10月 千葉県成田中学校の教頭として赴任、英語を担当する。

明治43年
(1910年)
28歳 3月〜「国民新聞」へ長編小説「小鳥の巣」を連載。

明治44年
(1911年)
29歳 成田中学校を退職後上京し、海城中学の講師となる。5月 ふぢと結婚。
辛亥革命

明治45年
(1912年)
30歳 活発な創作活動により、雑誌への作品掲載や『返らぬ日』

大正元年   『お三津さん』『小鳥の巣』など出版の相次ぐ一年となる。
中華民国成立
大正6年の写真画像
大正6年

大正2年
(1913年)
31歳 4月 中央大学の講師となる。
7月〜「国民新聞」に「桑の実」を連載。
第一次世界大戦

大正4年
(1915年)
33歳 3月〜『三重吉全作集』の刊行を始める。(全13巻まで刊行)
4月 「中央公論」へ「八の馬鹿」を発表、以後小説の執筆をやめる。

大正5年
(1916年)
34歳 6月 河上らくとの間に長女すずが生まれる。
7月 妻ふぢ亡くなる。
12月 童話集『湖水の女』を刊行。

大正6年
(1917年)
35歳 4月〜『世界童話集』の刊行開始。清水良雄が装丁・挿絵を担当し、「赤い鳥」へ続く親交が始まる。
ロシア革命
大正8年の写真画像
大正8年 白秋夫妻と

大正7年
(1918年)
36歳 1月 長男珊吉が生まれる。
6月 「赤い鳥」(7月号)を創刊
米騒動
9月 海城中学を辞職、中央大学を休職する。

大正10年
(1921年)
39歳 10月 小泉はまと結婚する。

大正12年
(1923年)
41歳 9月 関東大震災起こる。三重吉宅は人命建物ともに無事であった。 昭和3年の写真画像
昭和3年

大正13年
(1924年)
42歳 4月 父の法事のため、二人の子どもを連れて広島に帰省。

昭和3年
(1928年)
46歳 5月 乗馬による少年の精神教育を主旨とした騎道少年団を設立する。
初の普通選挙

昭和4年
(1929年)
47歳 3月 「赤い鳥」を休刊する。
 世界大恐慌

昭和5年
(1930年)
48歳 5月 「赤い鳥」の復刊準備にかかる。
 ロンドン軍縮会議
6月頃より綴り方について全国各地へ講演に出る。

昭和6年
(1931年)
49歳 1月 「赤い鳥」復刊。
満州事変
昭和9年の写真画像
昭和9年

昭和10年
(1935年)
53歳 8月 山梨県小淵沢にて避暑。同地にて「綴方読本」の執筆にとりかかる。
10月〜喘息のため病床に臥す。
12月 『綴方読本』刊行。

昭和11年
(1936年)
53歳 6月24日 病状が悪化し、東大真鍋病院へ入院。
二・二六事件
6月27日 午前6時30分肺がんのため死去。  
6月29日 西大久保の自宅で告別式が営まれる。
「赤い鳥」8月号で終刊。
10月 「赤い鳥 鈴木三重吉追悼号」が刊行される。

 

『鈴木三重吉童話集 別巻』(文泉堂書店 1975年刊)などを参考に作成。    


Copyright (c) 2009 Hiroshima City Library All Rights Reserved.