鈴木三重吉と「赤い鳥」の世界
トップ赤い鳥とは画家>清水良雄
ここから本文

画家


清水 良雄(しみず よしお)


明治24年(1891年)〜昭和29年(1954年)

洋画家,童画家。東京都本郷生まれ。小学校時代は神戸で最も長く暮らしたことが、その絵に異国情趣をかもす。文展で大正6年「西片町の家」、7年「二人の肖像」、8年帝展「梨花」と連続特選。帝展審査員になり、光風会に所属し、重鎮として過ごす。親友の丸尾彰三郎の紹介で鈴木三重吉と出会い、『黄金鳥』によって童画家としてのスタートを切る。三重吉は清水の人間性とその絵に絶対的信頼を寄せ、「赤い鳥」創刊は「清水君がいて挿絵に安心できるから、その気になった」と語る。特に表紙絵は全196冊のうち163冊描き、この雑誌のイメージを視覚的に広めるという大きな役割を果たした。




Copyright (c) 2009 Hiroshima City Library All Rights Reserved.